毛越寺曲水の宴

もうつうじごくすいのえん

  • 毛越寺曲水の宴

庭園の遣水(やりみず)に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、平安時代の優雅な歌遊びです。

参宴の歌人のうち男性は衣冠(いかん)、狩衣(かりぎぬ)、女性は袿(うちぎ)、十二単等という装束をまとい、水辺に座ります。

開宴の言葉、歌題披露に続いて、催馬楽(さいばら)に合わせて若女(じゃくじょ)の舞が奉納されます。

やがて盃を乗せた羽觴(うしょう)が遣水に流されると、歌人たちが歌題にしたがって和歌を詠み短冊にしたためて、流れてくる盃を傾けます。

結びに講師(こうじ)が歌をよみあげ、終宴となります。


開催日・期間:5月第4日曜日

基本情報

住所
岩手県平泉町平泉字大沢58
料金
有料。
毛越寺拝観料:大人700円 高校生400円 小中学生200円
営業時間
13:00~
アクセス
東北本線平泉駅から徒歩約9分、車約3分
東北自動車道平泉・前沢ICから約10分
駐車場
町営毛越寺駐車場
公式サイト
天台宗 別格本山 毛越寺

問い合わせ先

問い合わせ先
毛越寺
電話番号
0191-46-2331
FAX番号
0191-46-4184

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

宮城オルレ 奥松島コース
詳細はこちら
【東通村】”かっちゃ”がつくる食べられる芸術品!”べこもち”づ…
詳細はこちら
南三陸ワイナリー
詳細はこちら