金田一温泉郷

きんだいちおんせんきょう

南部藩の指定湯治場「侍の湯」

岩手県北部の二戸市にある金田一温泉は、1626年(寛永3年)の発見と伝えられ、古くは南部藩の指定湯治場だったことから「侍の湯」と呼ばれています。現在は4つの源泉が使用。泉質は低張性アルカリ単純泉で、体の芯まで温まります。座敷わらし伝説の残る宿や、金田一京助、三浦哲郎ゆかりの宿などがあり、日帰り入浴も可能です。


座敷わらしとは旧家にすみついて家を守るとされる神霊のことで、金田一温泉では緑風荘の奥座敷に寝ると、座敷わらしに枕をかえされ金縛りにあいますが、その後は驚くほど幸運に恵まれるといわれます。男は出世し、女は玉の輿にのるとされています。座敷わらしは幽霊ではなく、愛らしい童子で男の子の姿をした神霊だといわれています。


また、三浦哲郎原作の劇団四季のミュージカル「ユタと不思議な仲間たち」に登場する不思議な仲間たちは座敷わらしのことであり、金田一温泉のキャラクターともなっています。


金田一温泉の高台には20ヘクタールにも及ぶリンゴ団地があり、春には花が咲いて真っ白の、秋には紅い絨毯を敷き詰めたような光景を見ることができ、観光りんご園では収穫などが体験できます。

エリア
岩手県
カテゴリー
温泉

基本情報

住所
岩手県二戸市金田一
アクセス
●いわて銀河鉄道 金田一温泉駅よりバス約5分
●JR・いわて銀河鉄道 二戸駅より車で約15分
公式サイト
サイトを見る
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
金田一温泉旅館組合
電話番号
0195-27-2540