宿根木

しゅくねぎ

入り江の集落に、船大工の技術が結集した町並を見る

佐渡市の最南端、かつて廻船村として栄えた「宿根木」。船持ち、船乗り、船大工、鍛冶屋、桶屋等、全村が廻船業に携わった生活を営んでいました。


船大工の技術が結集した宿根木の町並は、国の重要伝統的建造物群保存地区。迷路のような昔ながらの狭い路地に、今も100棟を超える板壁・総二階建ての民家が密集しています。外観は日本海から吹き付ける潮風から建物を守るため包み板と呼ばれる縦板張りとなっていますが、内部は簡素な外観とは対照的に、漆をふんだんに使うなど豪華な造りとなっています。


19世紀前半~中期頃に建築されたとみられる民家3棟が一般公開(有料)されており、集落全体が船の仕事に従事した歴史を今に伝えています。人々の暮らしと歴史が交差する静かな時間の中を散策してみませんか?

エリア
佐渡
新潟県
カテゴリー
自然
まち歩き

基本情報

住所
新潟県佐渡市宿根木
アクセス
●小木港より車で約10分
●両津港より車で約70分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
佐渡観光交流機構 南佐渡観光案内所
電話番号
0259-86-3200