仙台七夕まつり

せんだいたなばたまつり

世界一を誇る「紙と竹」の優美な祭典

「仙台七夕まつり」は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、例年7月7日の月遅れである8月7日を中日として、8月6日から8日の3日間にわたり開催される東北三大祭りのひとつです。「たなばたさん」と呼ばれて仙台っ子に親しまれています。


一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺には巨大な吹き流しが飾られ、街中のいたるところが色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされます。仙台七夕まつりの最大の特徴は、七夕飾りが「和紙」で作られていること。各商店が多様な和紙を用い、趣向を凝らした飾り付けが華やかです。商店街毎に飾り付け審査が行われ、飾りの根元に金、銀、銅の各賞のプレートがつけられるので、入賞作品を探してみるのも楽しみのひとつ。


おまつり広場である勾当台公園市民広場には、各種ステージイベントや、七夕の歴史を学べる展示、宮城のおいしい食材を集めた出店などがあるほか、七つ飾り作成体験や、短冊記入コーナーなど、七夕ならではのお楽しみがいっぱいあります。

基本情報

住所
宮城県仙台市
アクセス
●JR仙台駅、あおば通駅
●仙台市営地下鉄 仙台駅、広瀬通駅、勾当台公園駅、青葉通一番町駅
駐車場
なし
公式サイト
サイトを見る
開催期間
例年8月6日~8日
会場名
宮城県仙台市内中心部

問い合わせ先

問い合わせ先
仙台七夕まつり協賛会
電話番号
022-265-8185