福島わらじまつり

ふくしま わらじまつり

日本一の「巨大わらじ」が練り歩く

福島市を代表する夏祭りで、毎年8月上旬に行われます。福島わらじまつりのルーツは、毎年2月に行われる「信夫三山暁まいり」にあります。江戸時代から400年余り続く例祭で、長さ12m、幅1.4m、重さ2tの日本一巨大なわらじを約100人余りで担いで街を練り歩き、福島市のシンボル・信夫山にある羽黒神社に奉納します。


福島わらじまつりでは、信夫三山暁まいりと同様、日本一巨大なわらじが街を練り歩くほか、「わらじ音頭」に合わせてコース内を華やかに踊る「わらじおどり」、わらじ型の押し車や山車を引いてタイムを競う「わらじ競走」、「わらじ音頭」をラップ風にリメイクした曲で踊る「ダンシングそーだナイト」などが行われます。


2019年の第50回では、新たな音楽や振付となった新しいわらじまつりが披露される予定です。

基本情報

住所
福島県福島市置賜町6
公式サイト
http://www.fmcnet.co.jp/waraji/
開催日
2019年8月2日~2019年8月3日
開催場所
福島県福島市(国道13号信夫通り)

問い合わせ先

問い合わせ先
福島わらじまつり実行委員会
電話番号
024-536-5511

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

日高火防祭
詳細はこちら