「雪のくに」魚沼で「夏に!」雪を学ぶ

標高700mの奥只見湖銀山平キャンプ場には、毎年5月いっぱいまで雪が残ります。残雪を利用した雪遊びも魅力ですが、新緑と残雪のコントラストが美しい奥只見湖の遊覧船からの眺めも好評です。また、キャンプ場から90分のハイキングで行ける万年雪エリアでは、この地域の雪の多さを感じさせてくれます。

近年、あらゆる分野での自然エネルギーの活用の研究が進められており、豪雪地でも雪を自然エネルギーとして利用した夏の冷房システムや低温貯蔵などが開発されています。雪を利用した天然冷蔵庫「雪室」を使った「魚沼産コシヒカリ」の低温貯蔵倉庫や雪室貯蔵の酒蔵「越後ゆきくら館」の見学ができます。雪で保存する利点や雪を活かすアイディアなどを考えてみませんか。

基本情報

住所
新潟県魚沼市須原520
SNS
(一財)魚沼市地域づくり振興公社
受入可能人数
応相談
受入時期
通年
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
(一財)魚沼市地域づくり振興公社
電話番号
025-797-3566

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

「農家民宿・民泊と農業体験を通じ、農山村の暮らしを学ぶ」(…
詳細はこちら
久慈琥珀博物館
詳細はこちら
LOHASコンシェルジェから学ぶ世界のフードロスと人口問題につ…
詳細はこちら
上杉家の城下町「米沢」 まちあるきで歴史と文化を学ぶ
詳細はこちら