スノーシュー体験で学ぶ、雪の森を巡りながら裏磐梯の森の成り立ち、自然の遷移、自然災害について考える(福島県)

湖や森など自然豊かな「裏磐梯」は1888年の「磐梯山の噴火」という自然災害で生まれました。噴火後の大地の変化、どうやって自然を再生させたのか、現在はどんな問題があるのか、雪の森を散策しながら観察します。魔法の道具、スノーシュー(西洋かんじき)を使うと、深い雪の上を自由に歩くことが出来ます。冬は散策できるフィールドが広がるため、動物の暮らしの痕跡などと出会う機会も増え、自然環境をより身近に体感することが出来ます。自然観察指導員や磐梯山ジオパーク認定ジオガイドなど各種資格を所持したガイドがご案内します。もくもく自然塾は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

基本情報

住所
福島県北塩原村
公式サイト
https://moku2-outdoor.com/
所要時間
2時間
受入可能人数
2クラス(70人程度まで)
受入時期
1月中旬~3月中旬
対象学年
小学・中学・高校
SDGs
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

問い合わせ先

電話番号
0241-23-9018

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

五色沼トレッキングで学ぶ、磐梯山噴火の歴史と自然の成り立ち…
詳細はこちら
「防災学習」南三陸アクティブラーニング(宮城県)
詳細はこちら