震災遺構 たろう観光ホテル(岩手県)

しんさいいこう たろうかんこうほてる

津波遺構に認定された建物

東日本大震災により4階まで浸水し、1階と2階は完全に破壊されてしまった「たろう観光ホテル」。被災した状態が津波遺構としてそのまま保存されており、その姿から大津波の破壊力を感じることができます。


施設内部の見学ができるガイド「学ぶ防災」に申し込むと、津波が襲来する様子をホテル6階から撮影した映像を視聴できます。この映像は、津波が押し寄せる様子を当ホテルの6階から旧たろう観光ホテルの社長が無心でビデオカメラ撮影したものです。


外観の見学は自由ですが、内観の見学は予約必須です。事前に電話予約をしてからお出掛けください。

基本情報

住所
岩手県宮古市田老野原80
料金
内観見学(要事前予約)
復興支援協力金として、ガイド1名につき見学者1名からバス1台まで1時間4,000円がかかります。
アクセス
●三陸鉄道 田老駅より徒歩約20分
●東北自動車道 盛岡南ICより約140分
駐車場
あり
公式サイト
https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/miyako_tarokankouhotel.html

問い合わせ先

問い合わせ先
宮古観光文化交流協会 学ぶ防災担当係
電話番号
0193-77-3305(9:00~16:00)

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

震災を風化させない!震災から学ぶ(宮城県)
詳細はこちら
城下町村上の「町屋再生プロジェクト」
詳細はこちら
伝統技法を体験し、「ものづくり」の楽しさや受け継がれた知恵…
詳細はこちら