小中学生向けマイ・タイムライン検討ツール ~逃げキッド~

しょうちゅうがくせいむけまい・たいむらいんけんとうつーる~にげきっど~

 マイ・タイムラインとは住民一人ひとりのタイムライン(防災行動計画)であり、台風等の接近による大雨によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、自ら考え命を守る避難行動のための一助とするものです。

【マイ・タイムラインとは】
 マイ・タイムラインとは住民一人ひとりのタイムライン(防災行動計画)であり、台風等の接近による大雨によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列的に整理し、自ら考え命を守る避難行動のための一助とするものです。
 その検討過程では、市区町村が作成・公表した洪水ハザードマップを用いて、自らの様々な洪水リスクを知り、どの様な避難行動が必要か、また、どういうタイミングで避難することが良いのかを自ら考え、さらには、家族と一緒に日常的に考えるものです。

【マイ・タイムライン検討のポイント】
 マイ・タイムラインの検討は、洪水ハザードマップ等を用いて居住地などの自ら関係する水害リスクや入手する防災情報を「知る」ことから始まり、避難行動に向けた課題に「気づく」ことを促し、どのように行動するかを「考える」場面を創出することが重要です。また、他者の意見等を参考に自分自身に置き換えて「気づく」こともあるため、ワークショップ形式による検討を推奨しており、行政は全力でそれら検討の支援を行うことが求められています。

【マイ・タイムラインの取組の経緯】
 マイ・タイムラインは、平成27年9月関東・東北豪雨における避難の遅れや避難者の孤立の発生を受けて、国、県、鬼怒川・小貝川沿川市町で構成される「鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会」の枠組みで様々な取り組みを進める中で、住民一人ひとりの単位で、水防災に関する知識と心構えを共有し、事前の計画等の充実を促すためのツールとして開発しました。

【小中学生向けマイ・タイムライン検討ツール ~逃げキッド~】 

マイ・タイムラインの取組の普及・促進を目的として、皆様にお使いいただけるように汎用型を作成しました。

逃げキッドの中身
(1)マイ・タイムライン作成のためのチェックシート
(2)「台風が発生」してから「川の水が氾濫」するまでを知ろう!!(資料1)
(3)「台風が発生」してから「川の水が氾濫」するまでの備えを考えよう!!(資料2)
(4)『マイ・タイムライン』をつくってみよう!!
(5)みんなでつくろう!マイ・タイムライン ~マイ・タイムラインをつくるためのヒント集~
(6)ご自宅に戻ったらみなおしてみましょう

基本情報

公式サイト
国土交通省

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

宮城県内タクシー研修(班別研修/語り部タクシー)
詳細はこちら
環境教育副読本「ふくしまのかんきょう」
詳細はこちら