なまはげ館(秋田県男鹿市)

なまはげかん

150種のなまはげが大集合!変身コーナーも人気

  • 男鹿石を使用した外観【pixta】
  • 150枚の地域の面は迫力満点◎

男鹿半島やその一帯で伝わる伝統民俗行事「なまはげ」。「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら鬼のお面をかぶってやってくるので、子どもを泣かせる悪者だと思われがちですが、実は、人々の怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山の幸・海の幸をもたらすために、毎年大晦日にやってくる神なのです。


「なまはげ館」は、なまはげをテーマに地域の歴史や風土を紹介している施設。なまはげの展示コーナーには、各集落で実際に使われていた150枚の多種多様な面が勢ぞろい。伝承ホールでは、男鹿の大晦日のナマハゲ習俗を紹介する映画「なまはげの一夜」が上映されています。

本物のなまはげの衣装を身に纏って記念撮影ができるコーナーがあるほか(現在は新型コロナウイルス感染拡大予防として中止)、なまはげに関連するグッズが買えるお土産コーナーも充実。運が良ければ、なまはげ彫師によるなまはげ面の手彫り実演を見られることも。(不定期)。


「なまはげ館」に隣接して、なまはげの実演が見られる「男鹿真山伝承館」があります。ぜひ両方訪れて、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「なまはげ」の民俗文化を存分にお楽しみください。

基本情報

住所
秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢
料金
・550円 (小中高生275円)
※15名様以上の団体 495円(小中高生220円)

◇男鹿真山伝承館との共通入館料
・4~11月 880円(小中高生550円)
※15名様以上の団体 825円(小中高生440円)
※30名様以上の団体 770円(小中高生330円)

・12~3月 1,100円(小中高生770円)
営業時間
8:30~17:00
休業日
年中無休
アクセス
北上JCT > (秋田自動車道:約2時間) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > なまはげ館

秋田空港 > 秋田空港IC > (秋田自動車道:約25分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > なまはげ館

秋田港フェリーターミナル > (R101:約50分) > なまはげ館
東京駅 > (秋田新幹線こまち:約4時間) >秋田駅 > (JR男鹿線:55分) > 男鹿駅 > (なまはげシャトル:約25分) > なまはげ館

秋田ふるさと村(横手) > 横手IC > (秋田自動車道:約1時間) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > なまはげ館

田沢湖 >(R46:約30分) > 角館 > (R46:約30分) > 協和IC > (秋田自動車道:約30分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > なまはげ館

十和田湖 > (R103・R7:約2.5時間) > 能代南IC > (秋田自動車道:約25分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > なまはげ館
駐車場
あり
公式サイト
なまはげ館
所要時間
30分~40分
備考
隣接する男鹿真山伝承館との共通チケットあり。

問い合わせ先

問い合わせ先
なまはげ館
電話番号
0185-22-5080

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

東日本大震災遺構 旧女川交番
詳細はこちら