トンネル地下貯蔵庫・地酒各種(秋田県能代市)

とんねるちかちょぞうこ(あきたけんのしろし)

酒の旨みを引き出す秘密の場所

  • 施設外観
  • 施設内観
  • 地酒各種

トンネル地下貯蔵庫は、旧奥羽本線「鶴形トンネル」を喜久水酒造が「地下貯蔵研究所」という名で酒の貯蔵庫に仕立てたもの。
2000年に国の登録有形文化財に指定されている。
全長約100メートルのトンネルは6万本の酒が収容可能で、1年を通じて一定庫温12度に保たれており保存と熟成に適した環境となっている。
喜久水酒造は、能代市で唯一の酒蔵で、代表的な銘柄は、純米吟醸喜三郎の酒、朱金泥や比羅夫などの能代シリーズである。

エリア
秋田県
白神・男鹿
カテゴリー

基本情報

住所
秋田県能代市万町6-37、字鳥屋場67
料金
・入場無料
・見学にはメールかFAXにて事前予約が必要
・冬季酒造り期間中、土曜日、日曜日、祝日はお断りする場合もある
営業時間
8:30~17:00
休業日
土日祝日
アクセス
酒蔵:JR能代駅から徒歩約15分、能代南ICから車で約20分、大館能代空港から車で約45分
トンネル貯蔵庫:能代東ICから車で約15分、大館能代空港から車で約30分
公式サイト
喜久水酒造合資会社ホームページ
所要時間
酒蔵見学:60分~90分
トンネル貯蔵庫:約20分

問い合わせ先

問い合わせ先
喜久水酒造合資会社
電話番号
0185-52-2271
FAX番号
0185-54-1553
メールアドレス
kikusui@shirakami.or.jp