明治の芝居小屋「康楽館」(秋田県小坂町)

めいじのしばいごや こうらくかん

国重要文化財、日本最古級の木造芝居小屋は今なお現役

  • 康楽館外観
  • 公演の様子(写真は2019年)
  • まわり舞台
  • 2階から見た館内
  • 黒子の案内による館内見学
  • 康楽館の前は幟が立ち並ぶ
  • すっぽん(花道へのせり上がり装置)

明治43年(1910年)、飛躍的に発展した小坂鉱山の厚生施設として創建されました。

外観はモダンな洋風、館内は桟敷席にまわり舞台やすっぽんの他、珍しい2本の花道を備えた江戸期の伝統的な歌舞伎小屋の様式を残しています。

毎年4~11月のほぼ毎日、常打芝居(公演)が行われ、歌舞伎をはじめとしたさまざまな催しも行われています。

★ 国重要文化財(2002年)

基本情報

住所
秋田県小坂町小坂鉱山字松ノ下2
料金
○ 常打芝居+施設見学 2,200円
○ 施設見学 660円
※ 小坂鉱山事務所と小坂鉄道レールパークとの3館共通券あり
営業時間
9:00~17:00
休業日
年末年始
アクセス
○ JR花輪線 十和田南駅より路線バス 約25分
○ 東北自動車道 小坂ICより車 約3分
駐車場
あり(無料・大型あり)
公式サイト
小坂まちづくり株式会社 明治の芝居小屋 康楽館
所要時間
○ 常打芝居 120分(期間により異なる場合があります)
○ 施設見学 20~30分

問い合わせ先

問い合わせ先
明治の芝居小屋「康楽館」
電話番号
0186-29-3732