玉ノ木原水芭蕉群生地

たまのきはらみずばしょうぐんせいち

七ヶ宿に春の訪れを告げる花畑

山形県との県境に位置する玉ノ木原水芭蕉群生地は、国道113号沿いにあり、約3.5haの面積に約8万株の水芭蕉群が見られます。水芭蕉は、山間の湿地帯に生える植物で、春になると20~30㎝の白い花を咲かせます。

4月中旬から5月上旬にかけて、美しい花を咲かせ春の訪れを知らせてくれます。

基本情報

住所
宮城県刈田郡七ヶ宿町字蟹川付近
料金
無料
営業時間
散策自由
アクセス
東北自動車道白石ICより車で約60分
駐車場
約50台
公式サイト
七ヶ宿町観光サイト

問い合わせ先

問い合わせ先
七ヶ宿町役場ふるさと振興課
電話番号
0224-37-2177

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

三春滝桜
詳細はこちら
【陸前高田市】箱根山・市民の森・展望台
詳細はこちら
西川町自然と匠の伝承館工芸体験
詳細はこちら
本町市場
詳細はこちら
黒石産野菜のクリーミーポタージュ
詳細はこちら
藩士の珈琲
詳細はこちら
Foodieツアーin塩釜
詳細はこちら
北山崎ビジターセンター
詳細はこちら
八幡平バックカントリースキーツアー
詳細はこちら
杉沢比山(山形県遊佐町)
詳細はこちら
山形・郷土芸能本舗「民謡一家」
詳細はこちら
安藤家本陣
詳細はこちら
湯の川冬の灯り
詳細はこちら
古屋敷の千本桂
詳細はこちら
千厩酒のくら交流施設
詳細はこちら