振袖地蔵

ふりそでじぞう

参勤交代が生んだ恋物語

この地蔵は、娘が着るような振袖をきており、いつ頃からか振袖地蔵と呼ばれるようになりました。言い伝えによれば、その昔、秋田藩の殿様が参勤交代で江戸へ向かう途中、滑津付近で美しい娘を見初めたといわれております。殿様はその後も長く娘を忘れることができず、一年間の江戸住まいを終えると、殿様は帰国のため再びこの街道を通り、家来に命じて娘を探させました。しかし、娘はすでに亡く、殿様は深く悲しみ、供養のために娘に似せて振袖姿の地蔵を作ったといわれております。関地区の西の入口には、西向きにあぐらをかいた地蔵があり、東をむいて立った振袖地蔵はこの地蔵と恋仲といわれています。

エリア
白石・蔵王
宮城県
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
宮城県刈田郡七ヶ宿町字滝ノ上付近
営業時間
見学自由
アクセス
東北自動車道白石ICより車で約40分
公式サイト
七ヶ宿町観光サイト

問い合わせ先

問い合わせ先
七ヶ宿町役場ふるさと振興課
電話番号
0224-37-2177

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

うぶかの郷
詳細はこちら
全国伝統こけしろくろまつり
詳細はこちら
白川湖カヌー体験
詳細はこちら
仙台市【 るーぷる仙台一日乗車券 】
詳細はこちら
加護坊パークゴルフ場
詳細はこちら
おしかホエールランド
詳細はこちら
なとり春まつり
詳細はこちら
作品とじっくり向き合い、青森で芸術を学ぶ
詳細はこちら