八向楯跡トレッキング

やむきだてあととれっきんぐ

中世の山城跡から最上川を望むトレッキング

  • 芭蕉乗船の地にある芭蕉と曽良の陶像
  • かたくりの花

俳聖松尾芭蕉の足跡を辿る「おくのほそ道の風景地」の一つとして国の名勝に指定された「本合海」にある八向楯跡に登るコースです。

八向楯は眼下に最上川を見下ろす中世の山城でした。

所要時間は片道1時間。

山頂付近では「かたくり」の群生を見ることが出来ます(4月下旬)。

入口やコースは一般の方では解らないのでガイド同行が必須です。
ほとんど知られていない未開拓観光素材ですが、眼下には最上川が八向山にぶつかり90度角度を変え庄内に向かう様が見て取れます。
松尾芭蕉が最上川を下る際に船に乗った乗船の地も近く、最上町の「封人の家」などと合わせた「奥の細道ツアー」として設定も可能です。

基本情報

住所
山形県新庄市
料金
無料
営業時間
4月〜11月(かたくりは4月下旬)
アクセス
JR新庄駅より車で20分
東北中央自動車道新庄ICから酒田方面へ西進10分
所要時間
片道1時間程度
予約方法・申し込み方法
3日前まで要予約

問い合わせ先

問い合わせ先
本合海エコロジー 会長 平賀孝一
電話番号
0233-26-2138

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

至福の桃グミ
詳細はこちら
しずくいしYU-YUファーム
詳細はこちら
旧金子家住宅 (秋田県秋田市)
詳細はこちら
大自然の中で手ぶらでBBQ!
詳細はこちら
雫石銀河ロープウェー
詳細はこちら
白いちごのいちご狩り&500円玉サイズの大玉ブルーベリー摘み…
詳細はこちら
出羽の古道六十里越街道 トレッキングツアー
詳細はこちら