風の松原(秋田県能代市)

かぜのまつばら(あきたけんのしろし)

日本最大級の松林

  • 外観
  • アスレチック

「風の松原」は、能代市の海岸沿いに連なる砂防林です。その規模は日本最大級を誇り、東西幅1キロメートル、南北総延長14キロメートル、面積760ヘクタールの広大な土地に、約700万本の松が植えられています。これらの松は、江戸時代から植樹されたもので、今も能代の街を守り続けています。
「21世紀に残したい日本の自然100選」、「21世紀に引き継ぎたい日本の名松100選」、「森林浴の森日本100選」、「21世紀に引き継ぎしたい日本の白砂青松100選」、「日本の音風景100選」、「かおり風景100選」に選ばれています。
散策には、ガイド利用がおすすめです。

基本情報

住所
秋田県能代市日和山下ほか
料金
・入場無料
・ガイドの案内も行っています(有料)
アクセス
JR能代駅から徒歩15分
秋田自動車道 能代南IC、能代東ICから車で約15分
大館能代空港から車で約45分
所要時間
60分~

問い合わせ先

問い合わせ先
NPO法人能代観光協会
電話番号
0185-88-8802
FAX番号
0185-88-8803

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

馬ノ墓の種蒔桜
詳細はこちら