房住山(秋田県三種町)

【こうかい】ぼうじゅうざん(あきたけんみたねちょう)

伝説と信仰の山

  • 房住山三十三観音像
  • 登山道
  • 山頂からの景色
  • 麓の景色


房住山(ぼうじゅうざん)は、三種町琴丘地区から能代市二ツ井地区にまたがる山で標高は409.2mです。
山頂からは東に森吉山、西に大潟村の広大な干拓地・男鹿半島、日本海を一望でき、また一帯は自然観察教育林に指定されています。


房住山は樹齢200年を超える天然杉や高山植物が生い茂る、神秘的な雰囲気が漂う山です。

征夷大将軍の坂上田村麻呂と蝦夷の長面三兄弟との戦いの逸話をはじめとする多くの伝説が言い伝わるほか、古くから山岳仏教の拠点として栄え、江戸時代に建立された三十三観音が今にその姿を留める信仰の山でもあります。
毎年5月下旬の日曜日には山開きが行われ、町内外から多くの登山愛好家が訪れます。

山の会に登山ガイドを依頼することで、房住山の歴史や言い伝えを聴きながら登山を楽しむことができます。


下山後は麓にある休憩施設「ぼうじゅ館」でお休みください。周辺には散策路やパターゴルフ場が整備されており、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。


基本情報

住所
秋田県三種町上岩川滝ノ上
料金
無料
アクセス
秋田自動車道 琴丘森岳I.Cから車で約20分
駐車場
あり(2か所)
公式サイト
NPO法人三種町観光協会ホームページ
所要時間
山頂まで約2時間(井戸下田林道登山口からの登山の場合)
備考
毎年5月下旬に山開きを実施。登山可能かどうかはNPO法人三種町観光協会までお問合せください。

問い合わせ先

問い合わせ先
NPO法人三種町観光協会
電話番号
0185-88-8020

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

道の駅あいづ 湯川・会津坂下
詳細はこちら
二戸広域観光物産センター カシオペアメッセなにゃーと
詳細はこちら
うるし蜂蜜
詳細はこちら
地元ガイドと一緒の岩手山のご来光・コマクサ・特別天然記念物…
詳細はこちら
白神リバートレッキング
詳細はこちら
全国ペット供養祭
詳細はこちら
東日本大震災遺構 旧女川交番
詳細はこちら
ふくしま花回廊
詳細はこちら