いわき湯本温泉

いわきゆもとおんせん

日本三大古泉と呼ばれる名湯

千年以上前から利用されている名湯。伊豫国道後温泉、摂津国有馬温泉と共に 日本の三古泉として名が知られていました。中世には戦国大名の来湯も多くあり、江戸時代(1603年–1868年)は文人墨客の来遊が絶えなかった、歴史ある温泉です。


こんなにも長い間、人々から愛されている秘密は、多種多様の効能があるから。全国的に珍しい泉質で、「美人の湯」(美肌作用・解毒作用・末梢血管拡張作用)、「心臓の湯」(血圧を低下させる・動脈硬化、高血圧に効く)、「熱の湯」(高齢者向き・保温効果が高い)という効能を併せ持っています。

湯量も豊富。地下約50メートルから汲み上げられた毎分5トンの湧出量を誇ります。源泉かけ流しの天然硫黄泉が自慢の旅館も少なくありません。


東北の中では四季を通じて比較的温暖な気候。風情の良い温泉街を散策した後は、小名浜港で水揚げされた新鮮な海の幸をどうぞ。

エリア
福島県
いわき
カテゴリー
温泉

基本情報

住所
福島県いわき市常磐湯本町
料金
各施設により異なる
営業時間
各施設により異なる
アクセス
●常磐自動車道 いわき湯本ICより約10分
●JR常磐線湯本駅すぐ
公式サイト
いわき湯本温泉旅館協同組合
SNS
Facebook
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
いわき湯本温泉旅館協同組合
電話番号
0246-43-3017