蔵の郷土館 齋理屋敷

くらのきょうどかん さいりやしき

豪商の豪邸で往時の繁栄を偲ぶ

江戸時代後期から昭和初期にかけて、呉服・太物の商売に始まり味噌・醤油の醸造、縫製業など幅広い事業を展開し、七代にわたり栄えた豪商、齋藤理助氏。その屋敷および蔵を改装し、「蔵の郷土館」として開放したのが齋理屋敷です。


当時の衣類や美術品などが展示されている7の蔵(1棟非公開)と2つの邸宅。2010年には、蔵や石風呂などの6つの建築物・工作物合わせて12の建造物が国の登録有形文化財に登録されました。


年3回の大きな企画展「端午の節句」「齋理の歳迎え」「齋理の雛まつり」はじめ、1年中さまざまな特別企画展が行われています。8月上旬には、齋理屋敷およびその周辺の通り一体を会場とした夏の風物詩「齋理幻夜」が行われ、約1000基の絵灯ろうが幻想的な空間を作り出し、大正時代にタイムスリップしたような時を体験できます。


また、店蔵2階にある喫茶室「大正ロマン喫茶」は、窓から光が差し込み、アンティーク調の落ち着ける空間で、月替わりの季節折々旬を楽しめる「今月の定食」が大人気です。

エリア
宮城県
白石・蔵王
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
宮城県伊具郡丸森町字町西25
料金
大人620円(団体520円)
小人310円(団体260円)

※大正ロマン喫茶のみご利用の場合、齋理屋敷の入館料は必要ありません。
営業時間
3月~11月9:30~17:00
12月~2月9:30~16:30
休業日
月曜日(祝日の場合はその翌日)

大正ロマン喫茶は月曜日と木曜日
アクセス
●阿武隈急行丸森駅よりバス又はタクシー5分
●東北自動車道 白石ICより30分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

電話番号
0224-72-6636

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

奥久慈サイクリング
詳細はこちら
歴史公園えさし藤原の郷
詳細はこちら
塩竈みなと祭
詳細はこちら
弘前さくらまつり
詳細はこちら
北上展勝地さくらまつり
詳細はこちら
南相馬市博物館
詳細はこちら
大地の芸術祭の里
詳細はこちら
ブリティッシュヒルズ
詳細はこちら
鎌先温泉
詳細はこちら
白石温麺
詳細はこちら
氷屋探検
詳細はこちら
二本松の歴史文化をとことん知ろう!二本松城散策(日本語ガイ…
詳細はこちら
出羽名刹三寺まいり
詳細はこちら
会津名産馬刺し&鰊の山椒漬け&小皿と會津の地酒飲み比べセット
詳細はこちら
大船渡線 貸し切り列車と気仙沼ナイトクルージング
詳細はこちら
十八鳴浜
詳細はこちら
飯坂温泉
詳細はこちら
居合道体験
詳細はこちら
宮沢賢治記念館
詳細はこちら
土内渓谷
詳細はこちら