舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館

まいこちゃや そうまろう たけひさゆめじびじゅつかん

あでやかな舞娘の演舞に酔いしれる

  • 【pixta】
  • 【やまがたへの旅】

相馬樓は、北前船が往来していた時代から続く有名な料亭「相馬屋」を改装してオープン。石畳が敷かれた舞娘坂を上ると、ひときわ目を引く朱色の塀と茅葺の屋根。扇形の石畳も風情があり、料亭として栄えていた時代を想像させるような佇まい。樓内も、赤い毛氈(もうせん)が敷かれ、水墨画や絵画が描かれた襖や陶器製の引き手など繊細な巧の技があちらこちらに。美人画で有名な竹久夢二の作品を展示した部屋も。叙情豊かな竹久夢二の世界に浸ってみませんか。


2階の大広間は、酒田舞娘の演舞場。演舞は14時から毎日鑑賞できます。演目は、北前船で賑わっていた頃の酒田の様子を唄った酒田甚句をはじめ、3曲。あでやかな舞娘の演舞を存分にお楽しみください。終了後、舞娘さんと一緒に記念撮影ができます。酒田舞妓の踊りを楽しみながら、ランチが楽しめる舞娘御膳も人気(2日前まで要予約)。1階のくつろぎ処「まいこカフェ」では、抹茶やコーヒーを飲みながら休憩も可能。時間の都合上、演舞を鑑賞できない方はこちらで飲み物を注文して、舞娘さんと記念撮影をどうぞ。


毎年3月~4月初旬には、北前船で運ばれてきた雛人形を特別展示。紅花で染められた着物や細かい細工の頭飾りなど、作成された当時のまま大切に引き継がれてきたお雛様が並び、豪華絢爛。

基本情報

住所
山形県酒田市日吉町1-2-20
料金
・入館チケット(入館・見学のみ)
大人 1,000円、高校生・中学生 500円、小学生以下 無料
・演舞チケット(入館チケット+演舞鑑賞+舞妓記念撮影)
大人 1,800円、高校生・中学生 1,000円、小学生以下 無料
営業時間
10:00~17:00
(最終入館16:30)
休業日
水曜日
(お盆や年末年始は休業あり)
アクセス
●JR酒田駅から徒歩で約20分または車で約5分
●日本海東北自動車道 酒田ICから車で約20分
駐車場
あり(15台)
公式サイト
サイトを見る

問い合わせ先

電話番号
0234-21-2310

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

舞娘茶屋相馬樓 「酒田の料亭文化を楽しむ”酒田の地酒”付舞娘…
詳細はこちら
臼木山
詳細はこちら
山居倉庫
詳細はこちら
【実施未定(注連寺)】三即身仏を辿る~湯殿山瀧水寺大日坊、…
詳細はこちら
玉簾の滝
詳細はこちら
釜磯海岸の湧水(山形県遊佐町)
詳細はこちら
本間家旧本邸”町と共に歩んだ豪商”
詳細はこちら
会津若松・七日町通り
詳細はこちら
安の滝
詳細はこちら