東北 旬の酒

酒は、日本の魂です。それは北海道から沖縄まで、人々の精神と地理的景観の中に血管のように張り巡らされています。東北地方は酒醸造に不可欠な要素である清澄で純粋な水が有名であり、日本酒の文化を感じるのに最適です。私が東北に存在する本物の日本酒を求めて隈なく探し回った成果である、この東北の主要な醸造所リストは日本酒の豊富な種類と文化の多様性を伝えてくれます。

我慢酒店

青森は、本州の最北端に位置しています。北海道と海で隔てられたこの地域は、魅力的で温かみがあります。近年、日本の伝統的な酒屋は残念なことにスーパーマーケットやコンビニエンスストア、オンラインショッピングの急増により減少しています。しかし、本物の日本の酒屋は驚くべき場所なのです。これらの店は地元の特産品で溢れ、観光客の貴重な時間となるでしょう。お店の雰囲気に浸り、スタッフと冗談を交わし、おすすめの商品を紹介してもらいましょう。青森の長島地区にある我慢酒屋はそんな場所のひとつです。地元のお酒や飲み物が有名であり、立ち入った際には豊富な品揃えに驚かされること間違いなしです。

関連資料

男山本店, 気仙沼

一世紀以上にわたり、気仙沼本店は地域で重要な役割を果たしてきました。気仙沼市は、2011年の東日本大震災と津波によって甚大な被害を受けた町のひとつでしたが、醸造所は奇跡的に無傷で残り、地元の人々と東北地方の諦めない精神と復興への努力を象徴するかのように、悲劇の翌日から生産を再開しました。

浦霞醸造元

地元だけでなく国の宝でもある浦霞は日本全国で知られており、多くの人々から愛されています。宮城県仙台市に位置し、酒蔵の隣にある鹽竈神社とは精神的なつながりがあります。醸造所の座右の銘は「丁寧に醸造し、プロ意識を持って醸し出す真の酒」で、1724年から現在に至るまで誇りを持って受け継がれています。醸造所はまた、要望に応じて非常に人気のある日本酒の展示会販売を開催しています。

出羽桜酒造

山形県の誇りとして知られる1892年創業の出羽桜酒造は、天童市一日町にあります。その深みのある味わいから国内外で愛され、全国新酒鑑評会では12年連続金賞受賞していることに加えて、最高賞も授与している日本酒です。また、すぐそばに出羽桜美術館があり、山形県を訪れる人にとって欠かせない観光スポットとなっています。

世嬉の一酒造

岩手県を拠点とする世嬉の一酒造は、日本酒とクラフトビールの両方に愛情を注いでいることで他の酒造とは一線を画しています。江戸時代(1603〜1868)以来、この醸造所は地元の生活に欠かせない役割を果たし、1995年にはクラフトビールも醸造し始めました。酒蔵に隣接したレストランも営業されており、世嬉の一酒とビールを使ったさまざまな郷土料理が用意されています。

今代司酒造 新潟

新潟はきれいな水で有名な県です。よってこの地域が日本の酒と米の中心地であるのは当然と言えます。新潟屈指の醸造所であるのは、新潟市にある1767年創業の今代司酒造です。JR新潟駅から徒歩20分の距離にある今代司酒造には、15種類の中から好きなお酒を試すことができ、気に入ったものはお土産としてその場で購入できる試飲コーナーもあります。新潟と日本の酒造りの中心に位置するこの美しく歴史的な醸造所は(お酒好きは特に)一見の価値があります。

紹介したスポットをマップで見る

  • 我慢酒店
  • 日本酒と焼き鳥のマリアージュ!! 酒屋店主Mr.Gamanが教える日本酒の選び方
  • 男山本店, 気仙沼
  • 酒蔵見学

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。