<東北の温泉>一度は浸かってみたい秘湯・名湯が勢揃い!

山間にたたずむ秘湯ムードたっぷりの温泉郷はもちろん、大正ロマンが漂うレトロな温泉、市街地からほど近い立地にありながら豊かな自然や落ち着いた趣が楽しめる温泉など、東北には個性溢れる温泉街が各地に点在しています。

泉質もまさに多種多様。東北に来れば、あなたにピッタリの温泉にきっと出会えるはず。

この記事では、下記の温泉をご紹介します。


【青森県】 酸ヶ湯温泉、不老ふ死温泉

【岩手県】 須川高原温泉

【秋田県】 夏瀬温泉

【山形県】 蔵王温泉、銀山温泉

【福島県】 東山温泉

【新潟県】 岩室温泉


他の温泉の記事はこちら

<東北の温泉>雪見の露天風呂に入りたい!

【青森】酸ヶ湯温泉

「ヒバ千人風呂」と呼ばれる混浴の大浴場が有名な酸ヶ湯温泉。浴室内はすべてヒバの木で造られており、独特の香りと古風な異空間が特徴的です。

混浴風呂と男女別々の風呂がありますが、せっかくなのでぜひ混浴の千人風呂にチャレンジを。男女を分ける目隠しの木の塀もあり、湯も白濁しているのである程度は隠れますが、心配な方は売店で湯あみ着を買って入ると良いでしょう。筋肉痛・関節痛・疲労回復・冷え性など、体の不調に幅広く効果が見込める温泉と言われています。


行き方:JR青森駅から酸ヶ湯温泉前までJRバスみずうみ号で60分

【岩手】須川高原温泉

須川高原温泉は、岩手・宮城・秋田の3県にまたがる栗駒山の中腹にある温泉。その歴史は古く、徳川時代から300年間以上もの間、みちのくの名湯として親しまれています。全国屈指の湧出量を誇る源泉は毎分6000Lの湯が湧出しています。

泉質は日本でも稀な強酸性のミョウバン緑ばん泉で、雄大な自然の中に千人風呂、大露天風呂、名物の蒸し風呂があります。


行き方:JR一関駅から岩手県交通バスで須川高原温泉駅まで約90分

【秋田】夏瀬温泉 都わすれ

夏瀬温泉 都わすれは、秋田屈指の渓谷美を誇る抱返り渓谷の中に佇む源泉かけ流しの一軒宿。館内には源泉掛け流しの露天風呂付客室が10室あり、好きな時に露天風呂を楽しむことができます。その他にも、総ヒバ造りの大浴場や、貸切露天風呂もあります。

シンプルで温かみある木造建屋は、砂利敷きの中庭を備え和やかで趣きある雰囲気です。ダイニングでは、地元の食材を使った郷土料理の朝食や会席料理などの夕食をいただけます。


行き方:JR角館駅より車で約30分。無料送迎あり。

【福島】東山温泉 今昔亭

「サムライシティ・会津若松」の奥座敷として知られる東山温泉は、春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪見風呂と四季を感じられる自然豊かな温泉地。

川沿いにたくさんの宿が建ち並んでいますが、今昔亭は、川の全景を見渡せる大浴場と、滝を見下ろせるひっそりとした露天風呂が自慢です。夏から秋にかけては、会津の風物詩「川辺のダイニング 川どこ」で食事を楽しめます。(要予約)


行き方:市内循環バスを利用し、JR会津若松駅から東山温泉まで約20分

【青森】不老ふ死温泉

青森県と秋田県の県境・深浦町に位置する不老ふ死温泉は、日本海に沈む夕陽を一望できる景勝地・黄金崎に建つ一軒宿。

お湯の色は底が見えないほど濃い茶褐色で、湯冷めしにくく、体を芯から温めてくれます。なんといっても、海と一体化した露天風呂に浸かるのは、他では体験できない開放感!目の前に広がる大空が少しずつ赤く染まっていき、真っ赤な夕陽が地平線にゆっくり沈んでいく日没の時間が1番のオススメ!日帰り入浴は16時までなので、この贅沢を堪能するにはぜひ宿泊を。


行き方:JRウェスパ椿山駅からシャトルバスで5分。 バスは電車の到着に合わせて時間を調整します。

【山形】蔵王温泉

蔵王温泉は、湯量が豊富でパワフルな強酸性の硫黄泉。温泉街のそこかしこに湯気が立ち上り、何十軒もの旅館やホテルが建ち並びます。肌を白くする効能から「姫の湯」、子供が元気に育つから「子供の湯」と呼ばれることも。そんな名湯を気軽に楽しめるのが、共同浴場。「上湯」「下湯」「川原湯」という3つの共同浴場はいずれもわずか200円。それぞれの距離が徒歩3分圏内という近さなので、湯めぐりするのにも便利です。


行き方:JR山形駅から蔵王温泉行きバスで約40分

【山形】銀山温泉

タイムスリップしたかのようなレトロな景色が広がる銀山温泉。銀山川の両岸に木造の温泉旅館が立ち並ぶ温泉街では、夕暮れになるとガス灯に火がともり、ノスタルジックな日本情緒が漂います。最もフォトジェニックなのは雪の夜。雪化粧をした街並みが外灯によく映えます。

深い雪に覆われる秘境でありながら、東京から山形新幹線で約3時間+直通バス40分という好アクセス。雪見の露天温泉を楽しめるのも、豪雪地帯にある銀山温泉の嬉しいポイント。 


行き方: JR大石田駅から銀山温泉行きのバスで約35分

【新潟】岩室温泉

新潟市の奥座敷である「岩室温泉」は、開湯から300年の歴史ある湯の街。「弥彦神社」の参拝の拠点として、多くの人々に古くから利用されてきました。お座敷情緒を演出する越後芸妓発生の地でもあります。

国民保養温泉地にも指定され、その泉質の良さはお墨付き。硫黄のにおいと、ほんのり白濁した湯に温泉気分が盛り上がります。

 

行き方: 新潟駅からJR越後線で岩室駅まで約50分

紹介したスポットをマップで見る

  • 【青森】酸ヶ湯温泉
  • 【岩手】須川高原温泉
  • 【福島】東山温泉 今昔亭
  • 【青森】不老ふ死温泉
  • 【山形】蔵王温泉
  • 【山形】銀山温泉
  • 【新潟】岩室温泉

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • <東北の温泉>一度は浸かってみたい秘湯・名湯が勢揃い!