東北地方のおすすめ温泉(その1)

日本の北部の位置する東北には、季節ごとの美しい眺望、美しい山の景色、人里離れた森、季節ごとの美しさがあります。そういった理由から、この地域は必見の温泉地です。


温泉というのは火山活動の熱によって自然に熱せられた湧き水を利用した日本の伝統的な浴場の事ですが、この言葉は人工的な屋内入浴施設を表すことにも使用されます。温泉は日本文化の重要な一部分であり、また、水には浄化作用があると信じられています。そのため、神社の参拝前に参拝者が水で手を洗うのをよく見かけます。温泉入浴も水着無しで完全に裸になって入ります。入れ墨がある場合には、入場を禁止する温泉もあるので、訪れる前に確認しましょう。


東北では、伝統的な地元の温泉旅館が人里離れた地域にあるため、素晴らしい露天風呂付き客室を備えた豊富な天然温泉を楽しめます。冬には雪の降る景色を背景に、秋には鮮やかな紅葉の中で、東北の豊かな自然に囲まれた温泉に入ることは、間違いなく旅の大切な思い出になるでしょう。本物の体験をお探しの場合は、是非この東北地方のおすすめ温泉リストをご覧ください。

酸ヶ湯温泉

三百年以上の歴史を有する酸ヶ湯温泉は八甲田で最も古い温泉です。酸ヶ湯温泉は、千人風呂の存在で最も有名です。 248平方メートルの千人風呂の浴槽はブナ材で作られており、千人も入れそうな広さだということから、そのような名前が付けられました。さらに、ここは伝統的な混浴になっています。このような施設は現代の日本では見つけるのがとても難しくなっています。死ぬまでに一度は探訪したい興味深い場所です。


酸ヶ湯温泉は絵のように美しい山々の中にあり、睡蓮沼や城ヶ倉渓谷などの自然の名所に囲まれています。訪問者は温泉だけに入るも良し、伝統的な旅館で滞在を延長するのも良いでしょう。


行き方:JR青森駅から酸ヶ湯温泉前までJRバスみずうみ号で80分

須川高原温泉

栗駒山の標高1126メートルにある須川高原は、東北で最も高所にある温泉施設のひとつです。壮大な自然に囲まれた眺めを堪能できる露天風呂には地元の人々も集まります。紅葉が見頃を迎える秋は、特に美しくなります。この温泉水は、その高い酸性度と毎分6000リットルにも及ぶ豊富な湯量で知られています。大勢で同じ浴槽に入ることに抵抗がある初めての温泉入浴者のために、須川高原では専用浴場の予約もできます。 好奇心旺盛な探検家なら、硫黄の匂いをたどって山腹のウォーキングを楽しみ、頂上にある小さな鳥居で写真を撮ることもできます。


行き方:JR一関駅から岩手県交通バスで須川高原温泉駅までバスで90分、または国道342号に沿って玄美渓から西へ車で50分。トリップアドバイザーからご予約ください。

都わすれ 夏瀬温泉

人里から遠く離れた温泉を試したい方は、都わすれがぴったりです。 夏瀬温泉周辺で唯一の宿泊施設であるため、訪問者は僻地の真の静けさを楽しむことができます。 夏瀬温泉都わすれは秋田県仙北の森に囲まれた場所に位置しているので、ぜひ露天風呂に浸かって、近くを流れる小川の穏やかな音を聞いてみてください。 旅館には9つの露天風呂付き客室があり、宿泊者は好きな時に露天風呂を楽しむことができます。 春には、露天風呂から周囲の桜の木がとてもよく見えます。


都わすれは、私が訪れた中でも最も僻地にある温泉のひとつであり、そこへ行くまでの森林間の道のり(車またはシャトルバス)は決して短いものではありません。しかし、その苦労が人里離れた静かな楽園を訪れる神秘をより一層強めます。それだけでなく、チェックインしてしまえば、こぢんまりした内装が温かくお出迎えしてくれるので、旅の疲れをほぐして居心地よく過ごすことができます。


行き方:田沢湖駅からシャトルバスで30分。旅館の宿泊者は予約から利用できます

今昔亭 会津 東山温泉

会津若松近くにある古風な温泉街に位置する今昔亭は、東山温泉にある多くの旅館のひとつです。 この歴史的な温泉街は、1300年以上前からの本来の外見のほとんどを保持しており、東北の古い温泉街トップ3のひとつとなっています。 今昔亭は、川の全景を見渡せる新築同様の屋内温泉浴場と、滝を見下ろせるひっそりとした露天風呂が自慢です。入浴者は小川のせせらぎを聞きながらくつろぐことができます。 宿泊客は、徒歩3分の姉妹館である原瀧の露天風呂と専用温泉ルームを楽しむこともできます。 春から秋にかけて川床(川辺の食事)を提供する今昔亭の館内レストランで、華々しい食事をとって旅を締めくくりましょう。 


行き方:市内循環バスを利用し、JR会津若松駅から東山温泉まで35分。電話でお迎えの予約ができます。

不老ふ死温泉

風光明媚なリゾート白神線に沿って、日本海を見下ろせる金色のお湯が入ったハート型の露天風呂で有名な不老ふ死温泉があります。 この「海辺の露天風呂」は素晴らしい夕日の絶景により日本で最も美しい露天風呂のひとつとして評判になりました。残念ながら、午後4時以降は旅館の宿泊者のみが露天風呂を利用できます。しかし、日帰りの利用者でも海のパノラマ景色が眺められる屋内浴場を引き続き使用できます。東北への旅を最大限楽しむには、不老ふ死温泉に泊まり、アワビやまぐろのステーキなどの地元の海鮮料理が有名な館内レストランで食事をしましょう。 


行き方:JRウェスパ椿山駅(リゾート白神線)からシャトルバスで5分。 バスは電車の到着に合わせて時間を調整します。

蔵王温泉 山形

蔵王温泉には、日本有数のスキー場と温泉があります。 その美しさと静けさで伝説的な場所であり、友人、家族、または一人旅で過ごすのに最適な場所です。 蔵王温泉は何世紀にもわたって疲れた旅人の癒しと寛ぎを担ってきたと言われており、この地域で発見された温泉水は全国でも最高と評されています。 このエリアには数十ヶ所の温泉があり、秋には小さな足湯や魅力的なハイキングやトレッキングコースもあります。


行き方: 山形駅から蔵王温泉バスで約40分、料金は1,000円。

銀山温泉 山形

山形の尾花沢市にある絵画のように美しい銀山温泉は、20世紀初頭にさかのぼったようなところです。 大正時代(1912-1926)の建築様式と趣のある雰囲気(街路にガス灯が灯されている)で知られている銀山温泉は、北日本の静けさを楽しみながらリラックスできる絶好のロケーションです。 町には3つの公衆温泉といくつかの足湯があり、県内の他の温泉地と同様に、ここの温による治療効果が高いことで有名です。 特に冬に魅力的なこの町ですが、ハイキングやトレッキングに行ったり、この地域にある立派な滝を楽しんだりできる他の月でも楽しめます。 


行き方: 山形新幹線で東京から大石田駅まで。 銀山温泉行きのバスで約35分。

岩室温泉 新潟

江戸時代から人気の新潟県の岩室温泉は、新潟市から1時間足らずの景勝地です。 手付かずの温泉で知られる(周辺には20ヶ所以上ある)岩室は一見の価値があります。 弥彦山の陰に位置する岩室温泉は、この地方で伝説的な場所で、地元の伝承でも知られています。 新潟はまだあまり知られていない本当に注目の県です。先駆者になって、岩室温泉で新潟の探訪を始めましょう。

 

行き方: 新潟駅からJR越後線で岩室駅まで 約50分。 

紹介したスポットをマップで見る

  • 酸ヶ湯温泉
  • 今昔亭 会津 東山温泉
  • 不老ふ死温泉
  • 蔵王温泉 山形
  • 銀山温泉 山形
  • 岩室温泉 新潟

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • 東北地方のおすすめ温泉(その1)