日本の民芸工芸品をつくる

日本は、工芸と職人技の功績で世界中で称賛されている国です。 岡山県の藍・デニム作りから 新潟の素晴らしい米と酒の栽培まで、日本は人間が得られる専門知識のレベルを世界へ紹介することを惜しみません。日本の東北地方は、その職人技と伝統的および歴史的な芸術と工芸への貢献で有名です。 紙のおもちゃやガラス製品から最高の漆器や木彫りまで、東北は日本の芸術を世界に向けて発信し、紹介する道を牽引しています。

赤べこ 福島

赤べこは福島県の会津地方を象徴する魅力的な工芸品です。 赤べこ(地元の方言で赤い牛)は、木と和紙で作られた手作りの張り子の牛です。 赤い牛が円藏寺を建てたという地元の伝説に基づいて、16世紀から会津で赤べこが作られ、福島や東北の人々に愛されています。 赤べこを作る家族経営の工房はおよそ12ヶ所しかなく、その家族が何世代にもわたって作り続けてきました。 家族ごとに区別されているため、それぞれの工芸品は職人技と地元の誇りの象徴です。 赤べこは、人々を微笑ませる揺れる頭が有名で、会津地方の永遠の遺産であり、職人達の愛情こもった工芸品であり芸術です。

津軽びいどろ 青森

津軽びいどろガラス製品は、青森県の自慢のシンボルです。 美しくて機能的なガラス製品を作ることに情熱を注いでいる経験豊富な職人のチームによって製作された津軽びいどろは収集価値の高いものですので、日本への旅行の素晴らしいお土産になります。 ガラス製品は四季や日本を包む色に深く結びついて、様々な細かい時季ごとの鮮やかな色合いや日本の東北地方で祝われる地元の祭事を巧みに反映させています。 津軽びいどろは日本の名高い職人技を完璧に表現しているものです。

蒔絵体験 福島

蒔絵とは、金や銀の粉をまき散らした漆器のことで、日本の職人技の象徴として世界中で高く評価され、時代を超えて受け継がれ、昔からの技法を守り続けています。 蒔絵 で有名な東北の会津には、日本の旅行で思い出に残るオリジナル作品を制作体験できる工房があります。 何世紀も昔から続く工芸品で、日本の職人はたいへん優秀です。 ここでは、日本の忍耐力と完璧さへの概念を垣間見ることもできます。

山形将棋 山形

山形県の天童市は将棋で有名です。 日本のチェスは将棋と呼ばれ、東北のこの地域のシンボルであり、将棋の駒や彫刻が至る所にあります。 天童市では、将棋の駒作りに挑戦したり、手作りの将棋セットを購入して持ち帰ることもできます。 将棋は今でも日本で愛されており、その選手たちは真剣に戦っています。 すべての将棋盤と駒には何世紀にもわたる伝統と文化が注ぎ込まれているので、それは知恵の戦いというだけでなく日本の職人技の祭典でもあります。

紹介したスポットをマップで見る

  • 赤べこ 福島
  • 山形将棋 山形

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • 日本の民芸工芸品をつくる