東北のグルメ (その2)

最高の東北の食べ物を探す その1を読んでください。

きりたんぽ 秋田

鍋は、日本で最も愛されている料理のひとつです。 基本的にはスープ、魚、肉、野菜がたくさん入った大きな鍋で、晩秋から冬にぴったりです。 しかし、秋田県には、地元の珍味のための独特な鍋、きりたんぽがあります。 きりたんぽ鍋は、舞茸、こんにゃく麺、比内地鶏、そして鍋の主役であるきりたんぽで構成されています。きりたんぽは、ご飯のように炊き上げてお餅のように潰した飯の串焼きです(味噌にもよく合います)。 比内鶏は日本有数の鶏の一種であり、通常の品種よりも深い味わいです。 


秋田県の大館地域では、地元の名人の助けを借りて、きりたんぽを自分で作ってみることができます。地元の日本料理に情熱を注いでいる人がいる地域を訪れてみたい人ならどなたでも価値があるでしょう。

居酒屋 土紋 青森

この居心地の良い小さな居酒屋は、青森の古風なソウルフードを専門とする弘前の裏通りに隠れています。 控えめな外観ですが、弘前ねぷた風のアートワークと愛らしい工藤さんの温かいおもてなしがあり、柔らかく温かみのあるインテリアと並び、青森の傑作を次々と提供するカウンターの後ろで熱心に調理をしてくれます。地元の食べ物の中では、いがめんち(イカのすり身)をお試しください。 地元の三浦酒造所の豊盃という地酒と合わせてみましょう。 


土紋 は弘前駅から北西に徒歩約10分

出羽三山の精進料理 山形

日本で菜食主義の伝統があるのは驚きです。 魚と焼き肉の崇拝で知られていますが、日本(または正確には日本仏教)は何世紀にもわたって国の天然資源を讃えています。 山形県の出羽三山地域では、僧侶が地元の植物、きのこ、野菜、果物を使った素晴らしいベジタリアン料理やビーガン料理を作ることで定評があります。 人々が遠くから来て、このより自然な食事法(精進料理)を試食しに訪れます。訪問者は、出羽山山地域の平野と山を眺めながら素晴らしい料理を試飲できます。

大間マグロ 青森

マグロを愛する日本人。 そして青森の大間町はマグロの都です。 有名な港町は、平均で100キロもの魚が獲れ、最高で新鮮な太平洋のクロマグロを捕まえることに夢中です。 その一部はかなり大きく、全国の競りでは莫大な価格になります。大間には、当然のことながら、下北半島で獲れた見事なマグロや他の魚を中心に料理を提供する素晴らしい魚料理のレストランがたくさんあります。

小野川温泉 かまくら村 山形

小野川温泉のかまくら村は山形県にあります。雪のドーム状の家イグルーや雪小屋が作られた冬のワンダーランドがあり、家族や友達とリラックスするのに最適です。 毎年1月から3月は、かまくら村で人が集まり、冬の雰囲気を満喫できます。 気温が特に寒くなるため、名物の米沢ラーメンで体を温めると同時に、地元の食を楽しむ事ができます。

紹介したスポットをマップで見る

  • きりたんぽ 秋田
  • 出羽三山の精進料理 山形
  • 大間マグロ 青森

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。