<絶品グルメ 第2弾>しみじみ美味しい東北の味

東北は日本有数の米どころ・酒どころでありながら、三陸の海や日本海の新鮮魚介も勢揃いする、まさに美食の宝庫。この記事では美味しいものをしみじみ味わいたい貴方におすすめのメニュー・お店をご紹介します。

■きりたんぽ(秋田)

■居酒屋 土紋(青森)

■出羽三山の精進料理(山形)

■大間マグロ(青森)

■小野川温泉かまくら村のラーメン(山形)

四季の移ろいや伝統・文化を感じられる郷土料理など、東北だからこそ味わえる絶品グルメの数々をお楽しみください!


他の郷土料理の記事はこちら

<絶品グルメ 第1弾>ガッツリ食べたい!東北のうまいもん

【秋田】きりたんぽ

秋田を代表する郷土料理「きりたんぽ鍋」。きりたんぽとは、つぶしたご飯を杉の棒に巻き付けて焼いた「たんぽ」を食べやすく切ったものです。日本三大地鶏の比内地鶏をじっくり煮込んで取った出汁は旨味がたっぷり。地鶏、白ネギ、セリ、舞茸などと一緒にいただきます。味のしみ込んだきりたんぽはもちもちとした食感となり絶品です。

本場大館市内には、きりたんぽ作りを体験できるお店もあります。

【青森】居酒屋 土紋

弘前を代表する酒場「居酒屋 土紋」。イカのミンチで作る「いがめんち」や干しダラに卵を絡めた「たらたま」などのソウルフードをいただけます。日本酒は地元弘前の三浦酒造のものだけを揃え、代表銘柄「豊盃(ほうはい)」は日本一の品揃え。ここでしか飲めない限定酒も含め豊盃を目当てに通う日本酒好きも多くいます。

【山形】出羽三山の精進料理

山形県の出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)に伝わる精進料理は、出羽三山山麓で採れる旬の山菜や筍といった山の恵みを、独特のしきたりに基づいた技法で丁寧に調理したものです。出羽三山を参拝に訪れた人が宿泊する羽黒山周辺などの宿坊でいただくことができます。滋味あふれる精進料理で身を浄め、出羽三山へと足を運んでみてはいかがでしょうか。 

【青森】大間マグロ

本州最北端の街、大間崎で水揚げされる本マグロは、新鮮で身が締まっていて脂のりが抜群。伝統漁法の一本釣りで傷をつけずに豪快に釣り上げられたクロマグロは「黒いダイヤモンド」とも呼ばれる超一級品。

美味しさの秘密は津軽海峡の冷たい海流にあるとされています。とろける舌ざわりの大トロや中トロ、旨みが凝縮された赤身を贅沢にいただきませんか。

【山形】小野川温泉 かまくら村

米沢市の奥座敷、かつて小野小町が旅の途中で病を癒すため一時期居住していたという伝説が残る小野川温泉では、毎年冬になると「かまくら村」がつくられます。

かまくらの中は大人6人が楽々入れるほど広く、テーブルと椅子もあります。そしてなんと、かまくら内には近隣飲食店のメニュー表があり、米沢ラーメンなどを出前することができるんです!熱々のラーメンを食べれば冷えた体もポカポカになりますね。ぜひ一度貴重な体験をしてみませんか。

紹介したスポットをマップで見る

  • 【秋田】きりたんぽ
  • 【山形】出羽三山の精進料理
  • 【青森】大間マグロ

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。

  • TOP
  • 特集
  • <絶品グルメ 第2弾>しみじみ美味しい東北の味