【探究】三陸鉄道・震災学習列車

2011年3月11日14時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震は想像をはるかに超える大津波となって東日本沿岸を襲い、大きな爪痕を残しました。あの日から岩手は、東北は、日本は、どう歩み、どう変わったのか・・・。

三陸鉄道は、被災地の復興のシンボルとして、2019年3月23日、盛駅―久慈駅間163キロの路線を持つ全国で最も長い第三セクター鉄道「リアス線」となりました。被災地の「今」を列車で移動しながら直接「見て」「聞いて」「感じて」いただき、皆さまの防災のお役にたてればと思い「震災学習列車」を運行しております。

遠慮せず、三陸海岸にお越しください。お待ちしております。

基本情報

住所
岩手県大船渡市盛町字馬場4-4
料金
1両あたり35,300円~51,700円
休業日
無(要予約)
公式サイト
三陸鉄道株式会社
所要時間
60分
受入可能人数
片道最大150名(最大車両編成(3両)での運行)
受入時期
通年(完全予約制)
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
三陸鉄道株式会社 大船渡派出所
電話番号
0192-27-9669