燕市産業史料館

つばめしさんぎょうしりょうかん

「ものづくりのまち」燕市 芸術の域に達した金属工芸品に触れる

  • 新館(一般展示室)
  • 史料館 純銅タンブラー鎚目入れ
  • 史料館 チタン酸化発色体験
  • 体験工房室
  • 本館2階
  • 新館(金属洋食器展示室)
  • 新館(モノづくりテーマパーク)
  • 史料館 チタン酸化発色体験
  • 燕市産業史料館 外観

燕市は、高度で多様な金属加工技術が集まる「ものづくりのまち」として有名です。スプーンやフォークなどの金属洋食器の国内シェアが90%を超えるほか、ノーベル賞の晩餐会や、APECでの各国首脳へのお土産として燕市の製品が採用されるなど、そのクオリティの高さは世界的な評価を得ています。


燕市の金属加工の歴史を学ぶことができ、高い技術を体感することができる施設。


昔のヤスリや煙管(キセル)の製作工程や、現在も活躍する金工作家の作品が展示され、燕の金属産業400年の歴史が「プロジェクションマッピング」を用いた最新映像で紹介されています。


体験工房館では、鎚目入れ体験など豊富なモノづくり体験メニューを通して職人技を体感することもでき、子どもから大人まで楽しめます。制作後はもちろん家に持ち帰って使うことができます。

基本情報

住所
新潟県燕市大曲4330-1
料金
大人400円(団体300円)
小・中・高校生100円(団体80円)
営業時間
9:00~16:30(体験は閉館の30分前まで)
休業日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始
アクセス
●JR上越新幹線燕三条駅より車で5分
●北陸自動車道三条・燕ICより5分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
SNS
Facebook
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

電話番号
0256-63-7666

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

小坂町をめぐる環境問題の歴史を学ぶ②あきたエコタウンセンター
詳細はこちら
荒浜小学校(震災遺構)見学(宮城県)
詳細はこちら