本間家旧本邸”町と共に歩んだ豪商”

ほんまけきゅうほんてい”まちとともにあゆんだごうしょう”

スタッフによる館内の説明が充実

 明和5年(1768)本間家三代当主光丘が幕府の巡見使一行を迎えるための宿舎として新築し、荘内藩主酒井家に献上、その後拝領しました。昭和20年春まで本間家の住まいとされ、その後昭和24年から51年までは公民館として利用されました。築250年を超える武家造りと商家造りが一体となった珍しい建物であり、また、本間家がその時代時代に応じて町と共に歩み、刻んできた歴史を感じることのできる建物でもあります。
 邸内では、スタッフが本間家や建物の説明をいたします。
 2018年には、NHK「ブラタモリ」山形・酒田~山形・酒田はなぜ日本の中心!?~の撮影が行われました。


基本情報

住所
山形県酒田市二番町12-13
料金
大人800円(団体15名以上720円)
営業時間
9:30〜16:30(11月~2月は9:30~16:00)
休業日
休み/年末年始、展示替え
アクセス
JR酒田駅より車で約6分、徒歩で18分
駐車場
20台

公式サイト
本間家旧本邸
クチコミ
トリップアドバイザー
備考
・本間美術館との共通入館券(1,600円)あり
・ボランティアガイドあり
予約方法・申し込み方法
予約不要

問い合わせ先

問い合わせ先
本間家旧本邸
電話番号
0234-22-3562
FAX番号
0234-24-1386