貴重な糸でつくる 「しな織」コースター織り体験

きちょうないとでつくる「しなおり」こーすたーおりたいけん

しなの木の皮の繊維を材料にした糸で、コースター織りを体験します。

山形県と新潟の山間部の県境に位置する鶴岡市関川地区。小さな集落には、日本三大古代布の一つに数えられている「しな布」の伝統が受け継がれています。しなの木の皮の繊維を糸にして織る「しな織」は、すべての工程が手作業で行われ、糸づくりから織る作業まで約1年かかります。平成17年には、「羽越しな布」として、国の伝統的工芸品に指定されています。
そんな貴重な糸でつくるコースター織り体験が、しな織の拠点施設である「関川しな織センター」でできます。地元の織り手が丁寧に教えてくれますので、初心者でも気軽に体験できます。仕上げを施し、後日届くコースターは、織り目がふぞろいでも愛着がわき、関川を思い出すでしょう。

基本情報

住所
山形県鶴岡市関川222
料金
しな織コースター織り体験(1枚税込1,100円、要予約)
営業時間
9:00~16:00
休業日
毎週火曜、1月~3月の毎週日曜、お盆・年末年始
アクセス
JR羽越本線あつみ温泉駅からタクシーで約30分、鶴岡駅からバスで約60分「関川」下車
駐車場
有(大型バス駐車可)
公式サイト
【参考】つるおか観光ナビ
所要時間
コースター織りの所要時間は約20分
備考
・織り機の台数が限られておりますので、10名様を超える場合は待ち時間が生じる可能性があります。
予約方法・申し込み方法
2日前まで要予約:①日付②時間③人数④お名前⑤連絡先

問い合わせ先

問い合わせ先
関川しな織センター
電話番号
0235-47-2502
FAX番号
0235-47-2333

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

湯田川温泉 清浄祭
詳細はこちら
江戸時代から続く三春張子発祥の地、高柴デコ屋敷
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 貴重な糸でつくる 「しな織」コースター織り体験