船形山

ふながたやま

宮城、山形両県にまたがる船形連峰の主峰で標高1,500メートルの山。山形県側では御所山と呼ばれています。船形連峰は多くの峰々と広い山域を持ち、地形・植物等の変化に富んでいて両県の県立自然公園に指定されています。「船形」の山名の由来は北東から見た山稜が船を伏した形に似ていることからと言われています。頂上には避難小屋があります。また、北東の前船形山との間に、直径100メートルほどの火口湖「鏡ケ池」があります。仙台市からの登山コースには、後白髪コース、横川コース及び泉ケ岳コースの3つのコースがありますが、後白髪コースと横川コースについては落石のため現在通行止めとしています。


※掲載情報は2020年4月末現在

基本情報

住所
山形県尾花沢市大字鶴子(山頂の住所になります)
料金
【交通費の目安】泉ケ岳コース:地下鉄泉中央駅より仙台市営バスで800円
営業時間
なし
休業日
なし
アクセス
泉ケ岳コース:地下鉄泉中央駅前バスプール2番乗り場から泉岳自然ふれあい館行き 泉岳自然ふれあい館下車

問い合わせ先

問い合わせ先
仙台市泉区まちづくり推進課
電話番号
022-372-3111
FAX番号
022-773-8823
メールアドレス
izu016115@city.sendai.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

聖体奉仕会修道院(秋田県秋田市)
詳細はこちら
まんが家色紙展
詳細はこちら
ANAホリデイ・イン仙台
詳細はこちら
【終了】【かみのやま温泉・蔵王】ホタルと星空ハイキングin蔵…
詳細はこちら
【山形県尾花沢市】尾花沢・「清流と山菜の里細野」でワラビ収…
詳細はこちら