雲昌寺(秋田県男鹿市)

うんしょうじ

死ぬまでに行きたい!世界の絶景「日本の絶景編2017 ベスト絶景」

  • 雲昌寺 昼
  • 雲昌寺 夜

雲昌寺の副住職 古仲宗雲(しゅううん)さんが長年手塩にかけて育てたあじさいは、独自の育成方法によって一株につく花の数が多く、満開の頃には一面が青色に染まります。青色にこだわり、まさに絨毯のように一面に咲き誇るアジサイの奥には北浦の港町、そして男鹿の海が広がり、ここでしか見れない風景を作り出しています。例年6月の下旬が満開時期で、6月中頃から7月上旬にかけてが見ごろとなっています。また、古仲さんに見ごろ時間を聞いたところ、日中はもちろん夕映えに照らされたあじさいも絶景なのだとか。

基本情報

住所
秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57
料金
◇日中 500円
 (拝観料200円+あじさい期間特別拝観料300円)

◇700円
(拝観料200円+夜間特別拝観料500円)

※中学生以下無料
※昼・夜別料金となります
※団体割引の設定はございません
※あじさい観覧期間外の通常拝観料は200円

営業時間
6月中旬~7月中旬ころ(あじさい期間)

日中
9:00~17:00(最終入場16:30) 

夜間ライトアップ特別観覧
18:30~21:30(最終入場21:00)
アクセス
●昭和男鹿半島ICから車で約45分(34km)
●JR秋田駅からは男鹿線で男鹿駅または羽立駅まで約1時間。なまはげシャトルや路線バス、タクシー等で約20~40分(16km)
●男鹿温泉郷からは車で約7分(4km)
●男鹿市役所前にレンタカー店「男鹿レンタリース」あり。
駐車場
普通車は無料/バスは1台2,000円

※期間中は境内駐車場は車両進入禁止となります。
※期間中は雲昌寺前の道路が道幅が狭く、さらに歩行者で大変混み合いますので「一般車両の進入禁止」にご協力をお願いいたします。バスは通り抜けできません
公式サイト
極楽青土
所要時間
1時間ほど

問い合わせ先

問い合わせ先
男鹿市観光協会DMO推進室
電話番号
0185-47-7787

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

十ノ瀬 藤の郷(秋田県大館市)
詳細はこちら
正子のチューリッぷ園
詳細はこちら
鳥海山
詳細はこちら
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
詳細はこちら
白いちごのいちご狩り&500円玉サイズの大玉ブルーベリー摘み…
詳細はこちら
スパリゾートハワイアンズ
詳細はこちら
かたくり群生の郷(秋田県仙北市)
詳細はこちら
秋田観光バス株式会社
詳細はこちら
宝仙湖展望台
詳細はこちら
奇跡の一本松
詳細はこちら
三ノ倉高原菜の花畑
詳細はこちら
関口屋菓子舗(盛岡小さな博物館)
詳細はこちら
合資会社 広田タクシー
詳細はこちら
アスピーテライン 雪の回廊
詳細はこちら
五十公野公園あやめ園
詳細はこちら
仙台うみの杜水族館 夜の生物観察会(水族館お泊り企画)
詳細はこちら
きみまち阪県立自然公園(秋田県能代市)
詳細はこちら
雪りんご 掘り出し体験
詳細はこちら
めがね橋(宮守川橋りょう)
詳細はこちら