国指定重要文化財 「南部利康霊屋」(三光寺)

くにしていぶんかざい なんぶとしやすたまや(さんこうじ)

「東北随一の絢爛さ」と称される御霊屋

寛永9年(1632年)申の年に南部27代太守利直公が、四男彦八郎利康の死を悼んで創設されました。用材は全て最上級の木曾産の檜を使用し、江戸時代初期の豪華絢爛な桃山建築の様式がそのまま取り入れられています。

昭和28年11月14日、国の重要文化財に指定されました。

基本情報

住所
青森県南部町青森県三戸郡南部町大字小向字正寿寺62-2
料金
拝観料金
高校生以上 300円 (20人以上 200円)
中学生以下 無料
営業時間
9:00~16:00 (拝観時間)
休業日
12月29日~1月3日
アクセス
青い森鉄道 三戸駅から車で約5分
東北新幹線 八戸駅から車で約38分
駐車場
普通車 12台
大型車 3台
公式サイト
南部町
所要時間
約30~60分

問い合わせ先

問い合わせ先
史跡聖寿寺館跡案内所
電話番号
0179-23-4711

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【※中止】【東北DC特別企画】十和田湖"ナイト"ウォーク
詳細はこちら
三戸城跡 城山公園
詳細はこちら
国指定重要文化財「旧朴舘家住宅」
詳細はこちら