旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館 )

きゅうだいごじゅうくぎんこうほんてんほんかん(あおもりぎんこうきねんかん)

白とミントグリーンとがきれいな洋風建築

「第五十九国立銀行」は、1879年に設立された国立銀行。当時の建物を移動させ、「青森銀行記念館」となりました。


白とミントグリーンとがきれいなルネッサンス風建築で、風格ある洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。頂上にある、展望台をかねた装飾塔にもご注目。先端にはインド寺院に見られるような相輪が配されています。設計施工者である堀江佐吉氏は、数多くの洋風建築を手がけた名匠。作家・太宰治の生家「斜陽館」を手がけたことでも知られています。


内部の見学も可能。クラシカルな内装にうっとりします。中でも天井に使われている美しい金唐革紙は見事。昔の紙幣・貨幣の展示も充実しています。

エリア
青森県
弘前
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
青森県弘前市元長町26
料金
高校生以上200円(団体100円)
小・中学生100円(5人以上無料)
営業時間
9:30~16:30
休業日
火曜日、年末年始
アクセス
JR弘前駅よりタクシー約10分
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

電話番号
0172-36-6350