十八鳴浜

くぐなりはま

大島の北東部・大初平にある長さ200m、幅30mの浜。砂は黄褐色の石英粒からなっていて、踏むと「キュッキュッ」あるいは「クックッ」と音を発することからこの名が付けられました。この現象は、石英粒の砂が摩擦して起こるといわれており、鳴砂の浜は、全国で30ヶ所程知られています。十八鳴浜の砂は、国の天然記念物に指定されています。

基本情報

住所
宮城県気仙沼市大初平
アクセス
(岩手県方面から)三陸自動車道浦島大島ICから約9分
(仙台方面から)三陸自動車道気仙沼鹿折ICから11分
公式サイト
気仙沼大島観光協会

問い合わせ先

問い合わせ先
気仙沼大島観光協会
電話番号
0226-28-3000