匠工房「南部裂織の里」(南部裂織保存会)

雪国の女性の知恵から生まれた工芸品「南部裂織」を体験

青森県の伝統工芸品「南部裂織」(なんぶさきおり)を体験することができる施設。「裂織」は、使い古した布を細く裂き、織りこみ、衣服や生活用品へと再生する織物です。横糸に細く裂いた布、縦糸に木綿糸を使用して織ります。カラフルな色合いが特徴。その裂織を国内でも珍しい地機(じばた)という機械で織るのが特徴で、織物を織る地機の動かし方を先生に教わりながら、約1時間で幅20センチ×長さ25センチのテーブルセンターを織ることができます。

基本情報

住所
青森県十和田市伝法寺平窪37−21
料金
1,800円
3人以上は1週間前に要予約
営業時間
10:00-16:00 ※受付は14:45まで
休業日
(月曜日休館、月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
所要時間
約1時間
備考
最少催行人員:1名

問い合わせ先

問い合わせ先
南部裂織保存会
電話番号
0176-20-8700

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

桃生城址
詳細はこちら
気仙沼 さかなの駅
詳細はこちら
めがね橋(宮守川橋りょう)
詳細はこちら
【かみのやま温泉】山形ワインバル
詳細はこちら
龍飛岬観光案内所「龍飛館」
詳細はこちら
男鹿水族館GAO
詳細はこちら
八甲田・十和田ゴールドライン
詳細はこちら
豊かな自然に恵まれた天体観測の宝庫「星の村天文台」
詳細はこちら
八戸えんぶり
詳細はこちら