列車で旅する東北

日本は、鉄道に夢中で、電車で旅行する国です。 電車は、特に大阪と東京の巨大都市での生活に重要な要素です。 鉄道や列車は、日本の多数の電車についての本やマンガ、アニメーション、テレビドラマ、超人気の映画電車男などによって文化的な意識の中に浸透しています。日本の大きな魅力の2つであるカメラと列車がひとつにまとめられているのですから、日本の列車マニアの数の多さにも驚かないでください。 東北は、大都市の通勤圏からは遠く離れた場所なので、訪問者や居住者には特別な体験を提供します。東北には険しい海岸線や湾から壮大な内陸のルートまですべて揃っています。 これらの経験は日本特有なものですし、提供されるサービスは、基本的な国の精神性や文化的な根源の観察になるでしょう。

只見線 福島から新潟

福島県から新潟県にかけて走るJR只見線は、日本で最も有名な路線のひとつです。 国内ベストローカル線のトップ3に選ばれました。受賞歴があるほどの景観なので、説明はほとんど不要でしょう。 山岳地帯を横断し、美しい田舎の町並みを走る只見線は、いつでもご利用いただけますが、冬に雪が降れば、日本のこの地域は冬のユートピアに変貌します。 日本で最も多く撮影された橋のひとつである只見川橋を渡る事でも有名です。 橋からの眺めはまさに印象的で、多くの旅行者が只見線を利用してこの有名で象徴的な橋を渡り、この橋から息をのむような素晴らしい景色を眺め写真を撮るでしょう。

五能線 秋田から青森

日本海の荒々しい海岸線に隣接して走る、JR東日本路線の一部である五能線は、1908年の開業以来、鉄道ファンを魅了してきました。 漁村、温泉街、そして重要なユネスコの世界遺産である白神山地を通過し、最も愛されている鉄道です。 所要時間は約5時間ですが、いくつかの停車場で景色を楽しむことができますし、またコンサートやパフォーマンスなどの車内のエンターテイメントも完備されています。 乗客はルート沿いの魅力的な駅のいくつかに降りて旅を分割させることもできます。 荒々しく険しいその美しさで驚くべき五能線は、忘れられない日帰り旅行を提供してくれます。

大湊線 青森

青森と日本で最も北にある北海道を隔てる海にぶつかる手前で、青森県の先端に下北半島があります。 最高品質のマグロやその他の新鮮な魚介類が豊富なことで有名な日本の特別な地域です。 大湊線は野辺地駅と大湊駅を結んでおり、美しく静かな陸奥湾沿いにあります。 ここは最も無骨で孤立した北日本です。 しかし訪問者は、素晴らしい眺めと非常に寛大で親切な地元の人々に心救われるでしょう。

津軽鉄道ストーブ列車 青森

青森県の津軽鉄道が運営するストーブ列車は、まさに飛びきりの体験です。 冬の風光明媚な景色に乗りこみ、獲れたてのイカを食べたり、酒を飲んだり、新しい友達と出会ったりできる鉄道旅行は、世界でもあまり無いでしょう。 ストーブ列車は冬の期間のみ運行しており、車掌が世話する石炭ストーブが注目です。 乗客は獲れたてのスルメ(地元のイカ)を購入し、身体を温ためるために日本酒を飲むことができます。 ここは日本の中でもかなり離れた場所であり、小説家の太宰治の生誕地としても有名です。 青森のこの地域には津軽をはじめとしてどこか懐かしくて不思議なところがあり、列車で旅すればその謎と魔法が増加するでしょう。

秋田内陸縦貫鉄道 秋田

1930年代に開業して以来、秋田内陸線は、この地域で本当に大切にされ乗客を喜ばせてきました。94.2キロメートルに渡り、何世紀にもわたって殆ど変わらぬ生活の地元の村や美しい風景を通過する必見の鉄道体験です。 乗客は一年中壮大な眺めと景色を楽しみながら、この地域の代表的で豊かな森、川、山をリラックスして眺めることができます。 ナイリクとは日本語で「内側の土地」を意味し、秋田内陸縦貫鉄道が運営するこの路線は、一見すると、地元の景観と文化の両方への動く窓のようであり、愛情と魅力を兼ね備えています。