荒浜小学校(震災遺構)見学(宮城県)

東日本大震災の震災遺構では初の学校施設として、2017年4月に開館しました。

宮城県荒浜小学校は大震災当時、2階まで津波が押し寄せましたが、在校児童や地域住民等320人が避難しました。1~2階は津波で損傷した姿をそのまま保存・展示し、また津波被害がなかった4階では被災当日の様子を映像などで紹介するほか、地区の震災前の姿や避難所生活の様子なども展示し、津波の脅威や災害への備えについて学ぶとともに、荒浜地区の歴史文化にも触れることができます。

基本情報

住所
宮城県仙台市若林区荒浜字新堀端32-1
公式サイト
https://www.city.sendai.jp/kankyo/shisetsu/ruin_arahama_elementaryschool.html
受入可能人数
100人程度(応相談)
受入時期
通年(休館日あり)
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
震災遺構仙台市立荒浜小学校管理事務所
電話番号
022-355-8517

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

震災遺構 仙台市荒浜地区住宅基礎
詳細はこちら
会津若松市赤べこ絵付け体験
詳細はこちら
石巻市震災遺構大川小学校・大川震災伝承館(宮城県)
詳細はこちら
「釜石の出来事」 の背景を紐解く津波避難道体験(岩手県)
詳細はこちら
盛岡市内自主研修
詳細はこちら
気分はまるで漁師!「地引き網体験」
詳細はこちら
南三陸町震災復興祈念公園・中橋
詳細はこちら
亀岡文殊(日本三大文殊)
詳細はこちら