世界農業遺産「大崎耕土」を学ぶフィールドワーク(宮城県)

農地と暮らしを守る知恵と工夫が詰まった宮城県「大崎耕土」は世界農業遺産に認定されています。

豊かな農地を支える伝統的な水利用と、農地を取り巻く自然環境のつながりを知ることで、環境と暮らしのつながりを深く学ぶことができます。

基本情報

住所
宮城県大崎市
料金
1,000円~
営業時間
9:00~16:00
公式サイト
大崎耕土 世界農業遺産
所要時間
3時間
受入可能人数
40名
受入時期
通年
対象学年
小学・中学・高校
SDGs
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

問い合わせ先

問い合わせ先
(一社)みやぎ大崎観光公社
電話番号
0229-25-9620

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

南三陸町農林漁業体験(受入組織)
詳細はこちら
比内地鶏の生産日本一!きりたんぽの本場【大館】で、味から地…
詳細はこちら
蔵王でのスキーを通じ環境問題を考える(山形県)
詳細はこちら
加美町グリーン・ツーリズム推進会議(受入組織/宮城県)
詳細はこちら