秋田にて『探究学習』『チームビルディング』と青森・岩手にて伝統文化体験 2泊3日コース

時間
所要時間 : 2泊3日
アクセス
主な交通手段 : 鉄道・バス・徒歩
エリアマップ 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 新潟県

【青森・秋田・岩手にて様々な体験をする】2泊3日コース(青森・秋田・岩手)

<1日目>黒石市・鹿角市(宿泊先:湯瀬温泉)

<2日目>鹿角市・仙北市(宿泊先:田沢湖温泉)

<3日目>盛岡市

START
1日目
JR新青森駅~黒石野(約30分)

津軽伝承工芸館(見学)

津軽の伝統工芸を手作りしてみませんか?

津軽伝承工芸館(見学)
伝統工芸の「津軽塗」「津軽こけし」の製作体験ができる施設。パズルや表札を作るウッドクラフトや、湯飲みや丸皿の絵付けができる陶芸も体験可。(いずれも要事前予約)
津軽三味線の生演奏を聴ける日も。多くの民謡芸人(唄、手踊り、三味線など)を輩出してきた町・黒石で、津軽三味線の名手が奏でる音色をお楽しみください。
春~秋は足湯にも浸かれます。肌の汚れを石鹸のように落としてくれる不思議な湯を試してみては?多数のお土産を取りそろえた売店や、ご当地グルメを味わえるレストランもあります。すぐそばにある「こけし館」とあわせて巡るのがおすすめです
(約30分)

陽気な母さんの家(体験)

(約30分)

湯瀬温泉に1泊

美人の湯

湯瀬温泉に1泊
盛岡から十和田湖への途中にあるここ湯瀬温泉は、川の瀬から湯が湧いたところからその名が付いたといわれる、渓流沿いの温泉地。山桜、新緑、紅葉へと移り変わる渓谷の絶景と川のせせらぎに癒される湯です。湯瀬渓谷トレッキングの拠点に最適です。
入浴を重ねる程に肌が潤うと評判の美人の湯で、湯瀬の温泉水を使用した化粧水が売られているほど。
湯宿でいただく秋田の郷土料理「きりたんぽ鍋」も楽しみのひとつ。
2日目
(約35分)

康楽館・鉱山事務所・レールパーク(見学・体験)

康楽館・鉱山事務所・レールパーク(見学・体験)
かつて小坂鉱山が繁栄していたことを象徴する近代化産業遺産。館内ではガイドツアーも可能で鉱山の歴史を学ぶことができます。
(約115分)※途中宝仙ダムで休憩

田沢湖芸術村『劇団わらび座』(ミュージカル体験・踊り体験講座・宿泊)

田沢湖芸術村『劇団わらび座』(ミュージカル体験・踊り体験講座・宿泊)
わらび座のオリジナルミュージカルを上演するわらび劇場を中心に、秋田県第1号の地ビール「田沢湖ビール」、日帰り・宿泊共に楽しめる「温泉ゆぽぽ」、手造りのクラフト家具の販売や体験工房がある「森林工芸館」などがあり、他には例のない「アート・ヴィレッジ(芸術村)」となっています。
3日目
(約90分)

盛岡てづくり村(体験)

見て、触れて、創って、昔ながらのものづくりを体感!

盛岡てづくり村(体験)
盛岡手づくり村は、3つのゾーンで構成されています。盛岡の工芸品、民芸品、食べ物などの伝統技術の14工房が並ぶ「手づくり工房ゾーン」のほか、南部鉄器をはじめ4,000種類以上の地場産品の展示販売が行われている「盛岡地域地場産業振興センターゾーン」、馬産地であったこの地域特有の住居を移築した「南部曲り家ゾーン」があります。
中でも、手づくり工房は人気で、職人さんの伝統手法を間近に見学できるほか、直接職人さんから手ほどきを受けながらオリジナル作品をつくることができます。南部せんべいを焼いたり、冷麺作ったりといった体験もでき、子どもから大人まで楽しめます。
南部曲り家は江戸時代後期に建てられた馬産地特有の住居で、とても貴重なもの。当時を偲ばせる農工具なども陳列されており、昔にタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。
バスでJR盛岡駅へ(約30分)
GOAL
  • 津軽伝承工芸館(見学)
  • 湯瀬温泉に1泊
  • 康楽館・鉱山事務所・レールパーク(見学・体験)
  • 田沢湖芸術村『劇団わらび座』(ミュージカル体験・踊り体験講座・宿泊)
  • 盛岡てづくり村(体験)

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

伊達家ゆかりの地学び旅(1)「震災・絆・平和・環境を学ぶ」
詳細はこちら
なまはげ文化習俗体験と生産量日本一じゅんさい摘み体験
詳細はこちら