ローカル鉄道「山形鉄道フラワー長井線」

ろーかるてつどう やまがたてつどうふらわーながいせん

のんびりと列車に揺られる「旅」を、フラワー長井線で楽しんでみてはいかがですか!

  • 水辺に映るフラワー長井線と残雪の山々
  • フラワー長井線とあやめ
  • フラワー長井線と満開の桜
  • 車両基地見学

フラワー長井線は山形県南陽市の赤湯駅から、川西町、長井市を通り、白鷹町の荒砥駅までの片道30キロメートルを、約1時間ほどかけて結ぶローカル鉄道です。大正時代建築で国の登録有形文化財に登録された古い木造駅舎や、日本最古の現役鉄道橋などの鉄道施設が今も現役で活躍しておりノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。路線名のもとになっている沿線の花々などがラッピングされた車両が田園風景の中を〝ガタン ゴトン”と走り、車窓から眺める風景も四季折々楽しむことができます。
 フラワー長井線では、様々なイベント列車も運行しており「地酒列車」「ワイン列車」「薬膳列車」といった車内で美酒・美食を堪能できるものから、車両基地見学ができるファミリー向けの企画列車も運行しております。貸し切りの団体向けには、方言での車掌の沿線案内が人気の他、熊野大社の最寄り駅「宮内駅」はうさぎの駅長だったり、長井駅は日本初の市役所と駅舎が一体の駅だったりと楽しみ所満載の鉄道です。

基本情報

住所
山形県南陽市~川西町~長井市~白鷹町
料金
赤湯~荒砥 大人片道 760円
貸切運行 1両(往復60,000円、片道30,000円)
営業時間
赤湯~荒砥 片道所要時間 約50分
駐車場
あり
公式サイト
山形鉄道株式会社
SNS
facebook

問い合わせ先

問い合わせ先
山形鉄道株式会社
電話番号
0238-88-2002
FAX番号
0238ー88ー5187