南部せんべい

なんぶせんべい

家庭に欠かせない、八戸地方のおやつ

  • 南部せんべい
  • 南部せんべい
  • 南部せんべい
  • 南部せんべい

八戸地方・岩手県北地方で広く食べられている「南部せんべい」は小麦粉と塩と水を混ぜて練った生地を、丸い鋳型で焼いた、素朴ながら味わい深い食べ物です。八戸地方では海から吹く冷たい季節風「やませ」の影響で米を収穫できなかったため、凶作に強いそばや麦の栽培が盛んでした。そばや麦の粉を練り上げて、各家の囲炉裏であぶって食べたのが「南部せんべい」の始まりと言われており、八戸は南部せんべい発祥の地と言われています。


「南部せんべいの食べ方いろいろ」
●てんぽせんべい…半焼きのやわらかいせんべい。
●こびりっこ…農作業の休憩時に食べるおやつ(小昼)で、ご飯類をせんべいではさんだもの。
●みみ…丸く焼き上げる過程ではみ出した部分を切り落としたもの。
●八戸せんべい汁…鶏だしやサバだしの鍋汁の中に、旬の野菜や豆腐、専用の南部せんべい(おつゆせんべい)を割り入れて煮込んで食べる郷土料理。

など、食べ方や種類もさまざまです。


※2020年2月29日現在の情報です。

基本情報

住所
青森県八戸市

問い合わせ先

問い合わせ先
一般財団法人VISITはちのへ
電話番号
0178-70-1110
FAX番号
0178-80-7348
メールアドレス
info@visithachinohe.or.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

シードル&ブランデーセミナー
詳細はこちら
陣屋通りイルミネーション
詳細はこちら
岩手高原ペンション村
詳細はこちら
ひまわり温泉 花おりの湯
詳細はこちら
津鼻崎
詳細はこちら
さくらホール
詳細はこちら
【岩手県釜石市】三陸ジオパークでシーカヤック体験
詳細はこちら
【岩手県釜石市】【2~3月限定】箱崎白浜でワカメ収穫体験&し…
詳細はこちら