旧有路家住宅 《封人の家》【最上町】

きゅうありじけじゅうたく 《ほうじんのいえ》

松尾芭蕉の時代にタイムスリップ

  • 旧有路家住宅《封人の家》
  • 旧有路家住宅《封人の家》
  • 旧有路家住宅《封人の家》
  • 旧有路家住宅《封人の家》
  • 旧有路家住宅《封人の家》

旧有路家住宅《封人の家》(ほうじんのいえ)は、昭和44年12月18日、山形県東部に古くから見られた茅葺き寄棟造り、広間型民家の好例として、重要文化財に指定された最上町所有の建造物です。

桁行24.755メートル、梁間9.999メートル、平面積269.180平方メートル(約81坪)の大型民家。年代は特定できませんが、江戸初期を下らない時代の創建と見られています。

昭和46年~48年に解体復元工事が実施されて、創建当時の様式で保存、一般公開されています。 この建造物は、江戸期には新庄藩上小国郷堺田村の庄屋住宅で、内部は床の間、いりざしきなどの5部屋と内庭、内まや(厩)からなっています。

住宅構造には、江戸期に庄屋役と問屋役を兼ね、街道筋の旅宿ともなり、熱心な馬産家でもあった有路家の歴史的性格が強く反映されています。

この住宅は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」に記した、堺田のいわゆる“封人の家”と見なされています。元禄2年(1689)5月芭蕉は2泊3日にわたって“封人の家”に逗留し、その時の印象を「蚤虱馬の尿する枕もと」の句で表現しました。

基本情報

住所
山形県最上郡最上町大字堺田59-3
料金
観覧料金(1人につき)

個人 小中学生 120円 高校生以上 250円
団体  小中学生 80円 高校生以上 180円
※団体割引は、20人以上
営業時間
4月1日~10月31日  8:30 ~ 17:00
11月1日~11月30日  8:30 ~ 16:00
休業日
冬季閉鎖
アクセス
新庄駅から37km、車35分(国道47号経由)
鳴子温泉から12km、車15分
新庄駅より陸羽東線経由、約40分
堺田駅から0.7km、徒歩3分
駐車場
有り

問い合わせ先

問い合わせ先
旧有路家住宅《封人の家》
電話番号
0233-45-2397

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山刀伐峠越えトレッキング【最上町】
詳細はこちら
峩々温泉
詳細はこちら
半田山自然公園
詳細はこちら
【岩手県紫波町】紫波フルーツパーク 自園自醸ワイン紫波ワイ…
詳細はこちら
天狗橋
詳細はこちら
夏油高原 エメラルドグリーンに輝く秘境の湖SUPアドベンチャー
詳細はこちら
奥州市武家住宅資料館
詳細はこちら
わんこそば・食事処 嘉司屋
詳細はこちら
桧原湖
詳細はこちら
夏の夜の土湯ぶらっと温泉バル
詳細はこちら
天正の滝
詳細はこちら
五葉社(盛岡小さな博物館)
詳細はこちら
熊石青少年旅行村(キャンプ場)
詳細はこちら
ひばり野ダリア園
詳細はこちら
姥ケ懐民話の里 ふるさとおとぎ苑
詳細はこちら
津軽鉄道
詳細はこちら
国指定史跡「奥州街道」
詳細はこちら
箱泉寺
詳細はこちら
「TANABATA-SCHOOL」 七夕飾り手作り体験
詳細はこちら
福島町青函トンネル記念館
詳細はこちら