きうり天王祭

きうりてんのうさい

須賀川で1番大きい夏祭りの”きうり天王祭”は、毎年7月14日の夜に、南町地内に設けられる仮殿で、宵祭りが賑やかに行なわれます。

このお祭りは、むかしこの地方に疫病が流行った時に、人々が旭ヶ岡にある今の岩瀬神社に祀られてある「牛頭天王」の祟りだとして、この地域で採れるきゅうりをお供えして祈ったところ、疫病が治まったとされていることが由来のお祭りです。

今でも、これに倣ってきゅうりを2本お供えしてお詣りした後、お護符代わりに1本を受け取り、それを食べるとその年は無病息災・家内安全のご利益があるといわれています。


当日は浴衣姿の家族連れなどの参詣人が訪れ、様々な露店が並ぶ会場は多くの人でにぎわいます。

この日に供えられるきゅうりは5~6000本にもなるといわれます。


白河風土記にも、つぎのように書かれています。
 「牛頭天王社朝日稲荷ノ社地中ニアリ隔年に6月14日ヨリ15日迄当町ノ黒門(町ノ南木戸ノコト)ノ側ヘ仮殿ヲ建テ神輿ヲ渡ス其初メノ年暦ハ不詳・・・・・」


いまは、毎年新暦の7月14日に行われており、そして、その仮殿をつくって、いまの場所でお祭りをするようになったのは、約200年以上前の宝暦年間(1750年代)であるともいわれています。


エリア
郡山
福島県
カテゴリー
朝・夜を楽しむ

基本情報

住所
福島県須賀川市
アクセス
●公共交通機関でのアクセス
JR東北本線「須賀川駅」より徒歩約20分
●車でのアクセス
東北自動車道須賀川ICより車で約10分
駐車場
あり

問い合わせ先

問い合わせ先
須賀川市観光交流課
電話番号
0248-88-9144