【東北DC特別企画】宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」

みやぎおるれ けせんぬまからくわこーす

海とともに生きる半島の暮らしを感じるトレッキング

  • 唐桑オルレ.1
  • 唐桑オルレ.2

2018年10月7日にオープンした「宮城オルレ」最初のコース。                

気仙沼市唐桑半島の先端にある唐桑半島ビジターセンターから、三陸復興国立公園の代表的な景勝地「巨釜・半造」までの約10㎞のトレッキングコースです。変化に富んだリアスの海岸線と、潮騒の聞こえる森の道、小さな神社への参道などを歩き、海と共に生きてきた唐桑の人々の暮らしや文化に触れることができます。全て歩くと4時間程度かかりますが、コースの一部だけを歩いたり、浜辺や飲食店などに寄り道したり、それぞれのペースで自由に歩けるのもオルレの魅力です。

DC期間中のクリーンオルレ(オルレコースの清掃活動)参加、又はガイドの利用で気仙沼市観光キャラクター「海の子ホヤぼーや」の記念グッズプレゼント!(クリーンオルレのDC期間中開催日:6/20(日)7/11(日)8/1(日)9/5(日)9:00~11:00)


【クリーンオルレについて】

クリーンオルレは、宮城オルレやみちのく潮風トレイルのルート、三陸ジオパークのジオサイトにも指定されている浜辺や歩道のごみ拾い活動のことです。各回ともガイドが同行し、その場所の動植物や歴史、ジオ等の解説も行います。軍手・飲み物・その他必要なものを準備してください。(ゴミ袋・火ばさみは事務局で準備します。)

※集めたごみは事務局で回収します。
※雨天の場合は中止します。
※マスク・手袋を着用し、密を避けるなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策へのご協力をお願いいたします。

※人数制限はございません。


基本情報

住所
宮城県気仙沼市唐桑町崎浜4-3
料金
無料
※クリーンオルレ:無料
※ガイド希望の場合、1時間3,000円より。
営業時間
※案内所 唐桑半島ビジターセンター 8:30~16:30
休業日
※唐桑半島ビジターセンター  火曜日・祝日の翌日
アクセス
お車をご利用の場合
(岩手県方面から)三陸自動車道陸前高田長部ICから約24分
 (仙台方面から)三陸自動車道唐桑半島ICから約17分
公共交通機関をご利用の場合
◆JR一ノ関駅より大船渡線→気仙沼駅下車→タクシーで約30分
◆仙台駅・一ノ関駅からそれぞれ気仙沼直通バスも運行中
駐車場
50台
大型バス3台
公式サイト
唐桑町観光協会
所要時間
全コース:約4時間(約10㎞)
クリーンオルレ:2時間
予約方法・申し込み方法
予約不要
※クリーンオルレ:予約不要
※ガイド:要予約(下記問合せ先)

問い合わせ先

問い合わせ先
唐桑町観光協会(唐桑半島ビジターセンター内)
電話番号
0226-32-3029
メールアドレス
office2@karakuwa.com

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

平筒沼ふれあい公園
詳細はこちら
悪運斬り 身代わり抜刀会
詳細はこちら
関山大滝
詳細はこちら
横綱千代の山・千代の富士記念館
詳細はこちら
泉ボタニカルガーデン
詳細はこちら
【東北DC特別企画】日本初の産金地・涌谷町で「みちのくGOLD」…
詳細はこちら
磯前神社
詳細はこちら
仙台朝市
詳細はこちら
安波山
詳細はこちら
奥山寺遊仙峡
詳細はこちら
早坂高原・森林セラピー
詳細はこちら
あおもり桜マラソン
詳細はこちら
観音岩トレッキング
詳細はこちら
仙台城跡
詳細はこちら
十八鳴浜
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 【東北DC特別企画】宮城オルレ「気仙沼・唐桑コース」