會津藩校 日新館

あいづはんこうにっしんかん

多くの優秀な人材を輩出した全国屈指の名門藩校

日新館は、人材の育成を目的に1803年に建設された会津藩の最高学府。

藩士の子弟は10歳で入学して学問や武道に励み、心身の鍛錬に努めました。

約8千坪の敷地に武道場や天文台、日本最古のプールといわれる水練水馬池などがあり、新島八重の実兄・山本覚馬や白虎隊の少年達をはじめ、多くの優秀な人材を輩出。覚馬はのちに、この日新館で蘭学の教授も務めました。


当時の施設を忠実に復元された現在の日新館では、壮大な江戸建築や当時の学習の様子を観覧できるほか、弓道や座禅などの各種武士道体験や、会津の縁起物「赤べこ」などの絵付け体験も楽しめます。

基本情報

住所
福島県会津若松市河東町南高野字高塚山10
料金
大人620円、中高生500円、小学生450円
営業時間
9:00~17:00(最終入場16:00)
アクセス
車:磐越自動車道 磐梯河東ICより5分、会津若松ICより10分
公共交通:JR会津若松駅より路線バス「河東・湊線」で約25分
JR磐越西線広田駅よりタクシーで5分
駐車場
あり(約200台)
公式サイト
会津藩校 日新館

問い合わせ先

問い合わせ先
会津藩校 日新館
電話番号
0242-75-2525