会津日新館天文台跡

あいづにっしんかんてんもんだいあと

日本天文遺産に認定された、国内で唯一現存する貴重な天文台跡

鶴ヶ城西出丸から西に500m程のところにある天文台跡です。

江戸時代、この辺りには幕末会津藩の教育の重要な役割を担った会津藩校日新館がありました。全国でも有数の藩校であった日新館では礼法、書学、武術など様々な教育がされた中で天文学も学ばれており、そのための施設として建設されたのが、この天文台でした。日新館の建物は戊辰戦争により焼失してしまいましたが、現在、天文台の南半分のみがその跡地に残されています。


江戸時代には全国各地で天文台が建設されましたが、現存しているものはこの日新館の天文台跡のみです。そのため、全国的にも貴重な史跡であり、さらには天文学的にも貴重なものであることから、2019年3月13日の日本天文学会記者会見において日本天文遺産に認定されました。市指定文化財。


【ご見学の方へ】

・天文台跡には駐車場がないため、ご見学の方は鶴ヶ城西出丸駐車場(有料)等、お近くの駐車場をご利用ください。鶴ヶ城西出丸駐車場から天文台跡までは、徒歩10分程度です。

・天文台上部は狭小のため、危険となっています。上部へは登らないよう、見学の安全と史跡の保存のため、ご協力をお願いいたします。

基本情報

住所
福島県会津若松市米代1-1-55付近
アクセス
・磐越自動車道 会津若松ICから車で約15分
・路線バス「鶴ヶ城西口」下車、徒歩約3分
・まちなか周遊バスハイカラさん・あかべぇ「鶴ヶ城入口」下車、徒歩約10分
駐車場
なし
※鶴ヶ城西出丸駐車場など、周辺の駐車場をご利用ください。
公式サイト
会津若松観光ナビ

問い合わせ先

問い合わせ先
会津若松市教育委員会 文化課
電話番号
0242-39-1305

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

体験!野口英世だるま絵付け、缶バッジ製作体験
詳細はこちら
黒石の地酒 菊乃井
詳細はこちら
錦秋湖の水没林
詳細はこちら
ひまわり温泉 花おりの湯
詳細はこちら
朝日山計仙麻神社
詳細はこちら
芦ノ牧温泉駅
詳細はこちら
津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡「光信公の館」
詳細はこちら
ビッグルーフ滝沢
詳細はこちら
能代凧揚げ大会(秋田県能代市)
詳細はこちら