いわて牛

いわてぎゅう

日本の頂点を極めた和牛

【いわて牛とは】

 「いわて牛」は、全国肉用牛枝肉共励会において全国最多11回の日本一に輝いています。

 岩手県は澄んだ空気と美しい水、そして、すくすくと作物が育つ肥沃な大地に恵まれており、この豊かな大自然と肉用牛産地としての伝統に育まれ、「いわて牛」は生まれます。

 日本最高のブランドを支えるのは、まず子牛から肥育まで一貫した生産体制です。そして、一頭一頭を慈しむ、畜産農家のきめ細やかな愛情によって、芸術品とも言われる美味しさが育てられます。

 「いわて牛」は、肉の旨味と脂の甘さのバランスが絶妙で、優れた肉質、豊かな風味が特徴です。一度味わうと、その美味しさがやみつきになります。


【いわて牛の基準】

1 牛の品種は、黒毛和種であること。

2 肉質等級が「3」以上で、かつ歩留等級が「B」以上であること。

3 最長の飼養地が岩手県であり、最終の飼養地が岩手県であること。

4 いわて牛普及推進協議会会員出荷団体から出荷されたものであること。

 

 なかでも、「いわて牛」の基準を満たし、肉質等級が最高ランクのA5またはB5ランクに評価されたものを「いわて牛五ツ星」と呼称しています。


※ 「肉質等級」とは

「牛肉の色沢」、「牛肉の締まりときめ」、「脂肪の色沢と質」、「脂肪交雑(脂肪の入り具合)」の4つを総合的に評価したランクのこと。

※ 「歩留等級」とは

その牛からどのくらい商品になる肉が取れるのかを評価したランクのこと。


【いわて牛の銘柄】

 「いわて牛」は、「前沢牛」や「いわて江刺牛」などをはじめとした、8品種の銘柄牛があります。広大な岩手の大地で育った豊富な品種をお楽しみください。


いわて八幡平牛(八幡平市)/いわて雫石牛(雫石町)/岩手しわもちもち牛(紫波町)、いわてきたかみ牛(北上市)/いわて奥州牛(奥州市水沢区、胆沢区、金ヶ崎町)/いわて前沢牛(奥州市前沢区)/いわて江刺牛(奥州江刺区)/いわて南牛(一関市、平泉町)


【いわて牛の取扱いについて】

 以下のいわて牛普及推進協議会ホームページからご確認ください。

・いわて牛取扱推奨店(https://iwategyu.jp/shop/tohoku/

・ネットで買えるいわて牛(https://iwategyu.jp/shopping/



問い合わせ先

問い合わせ先
いわて牛普及推進協議会
電話番号
019-629-5735
FAX番号
019-623-0201

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

湊町ウォーキングツアー
詳細はこちら
【東北DC特別企画】久慈地下水族科学館「もぐらんぴあ」で楽し…
詳細はこちら
くずまき高原牧場まつり
詳細はこちら
道の駅みなとオアシス・みやこ
詳細はこちら
いわきワインといわきの魚メヒカリのフリット
詳細はこちら
金田一温泉郷
詳細はこちら
平泉文化遺産センター
詳細はこちら
みちのくYOSAKOIまつり
詳細はこちら
岩鋳鉄器館
詳細はこちら
マタギ滝歩き
詳細はこちら
遠野ふるさと村 ナイトツアー
詳細はこちら
蔦七沼
詳細はこちら
つがる市 縄文住居展示資料館 カルコ
詳細はこちら
仙台・横丁居酒屋バーホッピングバイリンガルツアー
詳細はこちら
平福記念美術館(秋田県仙北市)
詳細はこちら
作並温泉
詳細はこちら
石巻川開き祭り
詳細はこちら
盛岡都心循環バス『でんでんむし』
詳細はこちら
震災メモリアルパーク中の浜
詳細はこちら
岩手銀行赤レンガ館
詳細はこちら