いわて牛

いわてぎゅう

日本の頂点を極めた和牛

【いわて牛とは】

「いわて牛」は、全国肉用牛枝肉共励会において全国最多11回の日本一に輝いている日本最高級のブランド牛です。

岩手県は澄んだ空気と美しい水、本州最大の広さを誇る肥沃な大地に恵まれており、「いわて牛」はこの豊かな大自然と肉用牛産地としての伝統に育まれます。そして、一頭一頭を慈しむ、畜産農家のきめ細やかな愛情によって、芸術品とも言われる美味しさが育てられます。

「いわて牛」は、肉の旨味と脂の甘さのバランスが絶妙で、優れた肉質、豊かな風味が特徴です。一度味わうと、その美味しさがやみつきになります。

【いわて牛の基準】

1 牛の品種は、黒毛和種であること。

2 肉質等級が「3」以上で、かつ歩留等級が「B」以上であること。

3 最長の飼養地が岩手県であり、最終の飼養地が岩手県であること。

4 いわて牛普及推進協議会会員出荷団体から出荷されたものであること。

なかでも、「いわて牛」の基準を満たし、肉質等級が最高ランクのA5またはB5ランクに評価されたものを「いわて牛五ツ星」と呼称しています。

※「肉質等級」とは

「牛肉の色沢」、「牛肉の締まりときめ」、「脂肪の色沢と質」、「脂肪交雑(脂肪の入り具合)」の4つを総合的に評価したランクのこと。

※「歩留等級」とは

その牛からどのくらい商品になる肉が取れるのかを評価したランクのこと。

【いわて牛の銘柄】

「いわて牛」は、「前沢牛」や「いわて江刺牛」など、主に8種類の銘柄があります。広大な岩手の大地で育った豊富な銘柄牛をお楽しみください。

いわて八幡平牛(八幡平市)/いわて雫石牛(雫石町)/岩手しわもちもち牛(紫波町)、いわてきたかみ牛(北上市)/いわて奥州牛(奥州市※(前沢・江刺を除く)、金ケ崎町)/前沢牛(奥州市前沢)/いわて江刺牛(奥州市江刺)/いわて南牛(一関市、平泉町)

【いわて牛の取扱いについて】

以下のいわて牛普及推進協議会ホームページからご確認ください。

・いわて牛取扱推奨店(https://iwategyu.jp/shop/tohoku/)

・ネットで買えるいわて牛(https://iwategyu.jp/shopping/)



問い合わせ先

問い合わせ先
いわて牛普及推進協議会
電話番号
019-629-5735
FAX番号
019-623-0201

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

黒森山(宮城県女川町)
詳細はこちら
骨寺村荘園交流館「若神子亭」
詳細はこちら
株式会社 一ノ蔵
詳細はこちら
東堂山
詳細はこちら
会津山都寒晒しそばまつり
詳細はこちら
鬼首かんけつ泉
詳細はこちら
盛岡市農業まつり
詳細はこちら
【岩手県釜石市】【5~8月】根浜海岸で漁師に習う絶品ウニむき…
詳細はこちら
ホテルモントレ仙台 日本料理「随縁亭」
詳細はこちら
【花巻市】まるでぬいぐるみのような羊たちに会いに行こう!寺…
詳細はこちら
日吉神社
詳細はこちら