会津柳津 七日堂裸詣り

あいづやないづ なのかどうはだかまいり

ふんどし一丁の男衆が綱をよじ登る伝統の奇祭

福島県柳津町では、毎年1月7日の夜を迎えると、赤々と揺れるかがり火の中で、奇祭「七日堂裸詣り」が行われます。


場所は、福満虚空蔵菩薩圓蔵寺(ふくまんこくぞうぼさつえんぞうじ)。大鐘の音が鳴り響くと、褌姿の男衆が極寒の中、雄々しく競い合い、菊光堂(本堂)目指して113段の石段を駆け上がり、菊光堂に至るや、大鰐口から垂れる頑丈な麻縄を次から次へとよじのぼっていきます。


これは民衆の力で只見川に棲む竜神を追い払ったという伝説にちなんだ奇祭で、男性であれば年齢問わず誰でも参加できます。着替えの場所も用意されていますので、1年の幸せと無病息災を祈って参加してみては? この男たちの勇壮な姿を一目見ようと、例年多くの観光客が訪れます。

基本情報

住所
福島県河沼郡柳津町寺家町甲176
料金
無料
営業時間
20:00~
アクセス
●JR只見線会津柳津駅より徒歩10分
●磐越自動車道会津坂下ICより約7分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
開催期間
毎年1月7日
会場名
福満虚空藏菩薩圓藏寺(福島県河沼郡柳津町寺家町甲176)

問い合わせ先

問い合わせ先
柳津観光協会
電話番号
0241-42-2346