佐渡ジオパーク

佐渡は島全体がジオパーク! 大地と人々の暮らしはつながっています。佐渡島は、江戸時代からの金銀採掘の歴史を学ぶことができる史跡佐渡金銀山遺跡があり、2008年に自然放鳥が開始され、島内に400羽以上が定着(2019年12月現在)したトキが舞う島です。

大昔の火山活動、日本海の形成、島の隆起…佐渡島の成り立ちは、島に生きる動植物や人々の暮らしに何かしらの影響を与えています。大地から人の暮らしまで、つながりを感じ、学び、楽しむことができる場所。それが佐渡ジオパークです。大地から人の暮らしまでのつながりを見出す「視点」を佐渡ジオパークから持ち帰り、改めて自分たちの地域を見つめ直すことで、よりいっそう自分たちの住む地域を詳しく知るきっかけとなります。また、普段見ている風景は長い年月をかけて作られたものであり、そこに生きる動植物や人の暮らしと大地がつながっていることを実感することができます。

基本情報

住所
新潟県佐渡市両津夷384-11
公式サイト
佐渡でめぐる大地と人の物語
受入可能人数
応相談
受入時期
通年
対象学年
小学・中学・高校

問い合わせ先

問い合わせ先
(一社)佐渡観光交流機構
電話番号
0259-23-5230

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

久慈市ふるさと体験学習協会(受入組織)
詳細はこちら
南部町農業体験(受入組織)
詳細はこちら
震災遺構 仙台市立荒浜小学校
詳細はこちら
雪国体験プログラム
詳細はこちら
佐渡島 海の体験
詳細はこちら
屏風工場見学&組子製作体験
詳細はこちら
津軽での農作業・農村生活体験ファームステイ(受入組織)
詳細はこちら
微細米粉発祥の地「胎内」で 米粉を学ぶ
詳細はこちら