野辺地町立歴史民俗資料館(野辺地町教育委員会)

のへじちょうりつれきしみんぞくしりょうかん(のへじまちきょういくいいんかい)

縄文期の国指定重要文化財2点と、北前船の寄港地や、交通の要衝として栄えた時代の資料を展示

野辺地の歴史・文化や、町の成り立ち、生活について学ぶことのできる資料を展示した、地域の資料館です。

縄文時代後期に作られた国指定重要文化財の自立できる土偶(愛称:縄文 くらら)、日本最古の螺鈿細工が施された形跡のある「赤漆塗木鉢(国指定重要文化財)」などの考古資料とともに、平成30年に北前船をストーリーとする日本遺産「荒波を越えた男たちが紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」に認定された構成文化財をはじめとした、北前船の寄港地として栄えた頃の品々や藩政時代の資料などを展示しています。


●土偶(有戸鳥井平4遺跡出土/愛称:縄文 くらら)国指定重要文化財

高さ32cm、縄文時代後期の土偶。平成10年の発掘調査で頭部・胴部・左脚・右脚の5つに割れた状態で出土しましたが、その後、欠落した部分がなく復元されました。土偶の特徴は自立できることで、胴部は、北東北地方の土偶の特徴である逆三角形の板状ですが、ここに立体的な脚がつけられ、以降の立体的な土偶づくりのはじまりを見てとることができます。縄文時代後期における東北地方を代表とする土偶として、造形的な特徴を良く示しています。


●赤漆塗木鉢 国重要指定文化財

縄文時代前期の木製鉢です。コナラをくり抜いて作った器の内外面に赤漆が塗られ、突起には小さな巻貝のふたを貼り付けて装飾した跡が見られます。直径が42cmとこの時代の漆器では国内でも例をみない大きさです。


●北前船関係資料群 日本遺産構成文化財

客船帳、船箪笥、和磁石、野村家文書、仙台屋永記録

基本情報

住所
青森県野辺地町野辺地1-3
料金
観覧料
小・中学生:無料、高・大学生:100円、一般:210円
※20名以上の団体は各半額、学校教育の一環としての観覧は無料
営業時間
9:00~16:00
休業日
月曜日(祝日の場合はその翌日も休業)、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス
●野辺地駅より徒歩20分
●青森道青森東ICより車で60分
駐車場
無料
・普通自動車100台(隣接施設と共有)
・大型バス駐車可
公式サイト
歴史民俗資料館(野辺地町公式ホームページ内)
SNS
フェイスブック 野辺地町
備考
●ボランティアガイドによる館内案内、音声ガイドが無料でご利用できます。
●長者久保遺跡出土石器(県重宝)や、青森県内唯一の戊辰戦争が勃発した当地ならではの、戊辰戦争に関する資料を展示しています。

問い合わせ先

問い合わせ先
野辺地町立歴史民俗資料館
電話番号
0175-64-9494
FAX番号
0175-64-9494

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

万葉の里かしま春まつり
詳細はこちら
八戸せんべい汁
詳細はこちら
くずまき高原牧場まつり
詳細はこちら
八戸えんぶり
詳細はこちら
御堂新田の滝
詳細はこちら
クラブ周辺(高森山)外乗コース
詳細はこちら
古津軽・田舎館村埋蔵文化財センター・博物館
詳細はこちら
棟方志功記念館
詳細はこちら
湯めぐりチケット
詳細はこちら
大釜温泉
詳細はこちら