津軽のお弁当「津軽弁」(弘前駅自由通路等にぎわい創出事業実行委員会)

つがるのおべんとう「つがるべん」(ひろさきえきじゆうつうろとうにぎわいそうしゅつじっこういいんかい)

津軽の魅力がつまったお弁当

弘前市をはじめ、津軽地域には古くから伝わる伝承料理や、地域で育まれた食材を活かした料理が数多くあることから、 2010年12月の東北新幹線全線開業を契機に、2010年4月から津軽地域でおいしいと食べられている 「津軽といえばこれ!」 という料理をお弁当「津軽弁」として提供してきました。


お弁当の形式としては、 過去から伝承されてきた料理を中心に構成した「伝承料理弁当」、現在の津軽地域で日常的に食べられている「いつもの弁当」、未来に向けて地域食材の特長を発信する 「地元食材のこだわり創作弁当」の3パターンを基本線に弁当開発を行ってきました。


今回、東北DCの開始を記念し「津軽弁」14種類が新たに追加され、販売が始まりました。また、新しいコンセプトとて旅行に持っていきたいお菓子等のセット「わんつがる ~ONE TSUGARU ~」の販売も行っています。


旅のおともにぜひ「津軽弁」と「わんつがる」をお買い求めください。


津軽のお弁当「津軽弁」コンセプト

・津軽地域で販売されているお弁当。

・地域性を強く反映したお弁当。

・地域内外の方にも支持される美味しいお弁当。

・津軽の風土を感じてもらえるお弁当。


「わんつがる~ONE TSUGARU~」コンセプト

・旅の途中でホッと一息つくときに食べるお菓子・スイーツ・おつまみ等のセット。

・列車内など旅に持ち歩きたくなる「わんつか」(津軽弁で「ちょっぴり」の意)のお菓子・スイーツ・おつまみ等のセット。

・地域性を強く反映したお菓子・スイーツ・おつまみ等のセット。


販売場所:弘前駅自由通路2階ほか(詳しくはホームページをご覧ください)

https://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=tsugaruben

問い合わせ先

問い合わせ先
弘前駅自由通路等にぎわい創出事業実行委員会(事務局:弘前観光コンベンション協会)
電話番号
0172-35-3131

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

コミュニティカフェ「でる・そーれ」
詳細はこちら
【2021年度開催中止】ONSEN・ガストロノミーウォーキングin…
詳細はこちら
つがる市定期観光バスツアー
詳細はこちら
みちのく潮風トレイルトレッキングin岩泉町
詳細はこちら
龍泉洞まつり
詳細はこちら
松島名物あなご丼キャンペーン
詳細はこちら
古津軽・田舎館村埋蔵文化財センター・博物館
詳細はこちら
南部美人
詳細はこちら
夏秋トマト
詳細はこちら
夏(8月~10月) 【農家に泊まって米沢牛を食べる】
詳細はこちら
蔵王トレッキング 石碑・石像参拝コース
詳細はこちら
七戸町立鷹山宇一記念美術館
詳細はこちら
道の駅ろくのへ メイプルふれあいセンター
詳細はこちら
尾崎酒造株式会社
詳細はこちら